あなたは今こういったことでお悩みではないですか?

 

  • 本当に似ている!!と絶賛される似顔絵が描きたい
  • 似ていて「可愛い似顔絵」が描きたい
  • 人前でササーっと描けるようになりたい
  • 似顔絵の世界をもっと知りたい
  • 場所も時間も気にせず楽しく似顔絵が学びたい
  • 絵を描くことをライフワークにしたい
  • 似顔絵についてなんでも相談できる仲間が欲しい!!

 

 

こんにちは、似顔絵画家の やすし です。

僕は2005年に似顔絵の仕事を始め、15年以上似顔絵画家をやっています。

似顔絵に魅力を感じ、子供の頃から好きだった絵を描くことにもっと向き合いたい、人に見せて喜んでもらえるような絵が描きたい、そしてもし可能なら仕事にしたい、と思っているあなたにお伝えしたいことが一つだけあります。

それは「似顔絵の基本を絶対に舐めてはいけない」ということです。

 

やすしの初期のやらかしてる似顔絵

19歳の頃に似顔絵の仕事を始めてから約7年間、プロの現場で働いていたにもかかわらず僕は似顔絵のことがよく分かっていませんでした。

似顔絵の本を読んだり習ったりして、一応分かったつもりになっていたのですが、分かったつもりで描いているだけでした。似顔絵は絵が上手ければ描けなくはないですが、そのせいで似顔絵の基本をちゃんと理解する気が起きなかったのです。

そんな風になんとなく似顔絵を描いていると「似せれない、可愛く描けない、早く描けない」この3つの悩みに苦しむことになりました。仕事をしていて、不安だったり、自信が持てなかったり、思ったように描けなくてイライラすることが多かったです。

 

似せようとするとあんまり可愛く描けなかったり、可愛く描こうとすると似なかったり、描いている途中でそういったことで四苦八苦しているうちに時間がかかったり、、

 

自分にはセンスがないのかな?いや!あるはずだ!!と思って頑張っていましたが、センスの問題というよりは「基本に忠実に向き合わなかった」だけです。

似せれて、可愛くて、描くのも早い画家は、基本に忠実に描いているだけでした。

そのことを知り、なんとなく分かったつもりになって描くのを辞め、

「似顔絵の基本に向き合きあう」だけで自分の似顔絵が大きく変わっていったと思います。

お客さんの反応が変わったり、力まずに早く似顔絵が描けるようになったり、より自分の理想の絵柄で似せることができるようになったりとメリットしかありませんでした。

 

似顔絵の世界に入ると、どんな画家になるかは大きく2種類に分かれます。

それは「似顔絵の基本が分かっている人「似顔絵の基本が分かっていない人です。

似顔絵のプロとして活動しているにも関わらず、半数以上の人が「似顔絵の基本が分かっていません」

多くの画家が、言われれば似ている程度か可愛いくて良い人な風に描いているだけの似顔絵しか描けません。

それほど似顔絵の基本というのは難しいのですが、逆に似顔絵の基本がよく分かってなくても似顔絵のプロとして活動できたりします。

 

「言われれば似ている程度、可愛くていい人風に描いているだけ」の似顔絵が描けるだけでも十分と言えば十分です。無理に似顔絵の基本に向き合うという難しいことをしなくてもいいかもしれません。僕も似せれない時は似せれないです。

ですが、僕は強く言いたいです。

なんとなく似顔絵を描いているままだと大きく損をしている!!と

なぜなら似顔絵の基本に向き合わなければ「似せれない、可愛く描けない、早く描けない」からです。

しかも自信を持って「人に似顔絵を教える」ということも出来ません。

 

色んな似顔絵画家を見てきましたが、はっきり言って似顔絵の基本に向き合っていない人は全く上手くなりません。

表面上は見栄え良く描けるようになっても、似顔絵が上手くなることはありません。

人に教えられるスキルも身につかないまま年だけ取ってしまいます。

せっかく人生の貴重な時間を使って似顔絵を描くにも関わらず、似顔絵の基本に向き合わずに似顔絵を描き続けてしまうと多くの可能性が育たないままになってしまうのです。

似顔絵の基本がわかると本当に似せられる

荒川香織先生作

基本がわかってくると、「可愛く描いているだけ」や「言われれば似ている」ぐらいだったあなたの似顔絵が「本当に似ている!」と言われるようになりやすくなります。

本当に似ていると、描かれる側、描く側にとっても大きな感動を生みます。

「すごい!!本当に似てる!!!」と言われます。

何度見返しても似ているので、描いた絵が一生の宝にだってなるのです。

 

そしてプロ向けの話をすると、大きく間違えるということがありません。

それによって「似てない」と言われたり、微妙な反応をされることが大きく減ります。

 

お客さんの不満の声で多いのが、

「前に描いて貰った絵はあんまり似ていなかった」「似顔絵ってこんなものなのかな?」

という似ていないことに対する不満です。

 

これは特徴を捉えられすぎてショックだったという声よりも多いのではないかと、長くやっていて感じます。

なぜなら「特徴は控えめに描いてください」と言われるのと同じくらい、「今回描いてもらった似顔絵は本当に似ている!すごい!!」と言われることは多いからです。

あなたの描いた似顔絵が一生の宝に

似顔絵の基本がわかると可愛いく描ける

荒川香織先生作

よく誤解されてしまうのですが、特徴を控えめに描くことが可愛く描くことではありません。

特徴をとらえる力がないと、実は可愛く描くことはできないのです。

 

似顔絵が可愛くなくなる原因に、似せようとして余計な線をいっぱい描いてしまうというものがあります。

線というのは気をつけないとかなりの意味を持ってしまうのですが、

特徴を捉えようと余計な線を沢山引いてしまうと、「怖くてエグい絵」になりがちになります。

 

なぜ余計な線を引いてしまうのか?それは似顔絵の基本がわかっていないから、本当の特徴が掴めていないためです。

似顔絵の基本がわかれば、似顔絵というものはシンプルな形や線で似せることができるということがわかります。

シンプルに似せることができれば応用が効き、可愛く描けたり、もっと自分の理想の絵柄で描けるようになります。

 

似顔絵の基本がわかると早く描ける

荒川香織先生作

基本がわかるとなぜ早く描けるようになるのか?それは迷いが圧倒的に少なくなるからです。

似顔絵のプロは早く描かせれば1分もあれば大まかな特徴を掴み、正確な下描きもなしに一気に描いていきます。それだけ迷いません。

なぜ迷わないのか?というと、結局基本が分かっているからです。

 

基本の理解に浅い人がやりがちなのが、似てることにつながらないことに時間をかけてしまうことです。

形を正確に描こうとしたり、微妙なシワを描くのに一生懸命になったり、

そういったところを何度も描き直したりしているうちに時間はどんどん過ぎていきます。

 

似顔絵を似せるには、細かいところや形を正確に描くことよりも、もっと全体的なその人の顔のパーツの関係性を見ていかなければなりません。それが掴めていればかなり雑に描いても似顔絵は似るのです。

早く描くには慣れやテクニックもありますが、まず一番大事なのが似顔絵の基本を理解した上で特徴が掴めるかどうか?なのです。

似顔絵の基本はどうやって学べばいいのか?

基本自体はこういった本に書いてあります

似顔絵の基本とは何か?それは一言で言うと「顔のパーツの同士の関係性をシンプルにつかむ」ことです。

似顔絵の描き方の本にはどれもこのことが書かれています。

似顔絵の基本を学ぶには、似顔絵の本に書いてあることを意識し、沢山実践するしかありません。

似顔絵の本に載っているお手本の芸能人を真似して描いたり、なぜ著者はこのように描いてるのか?を考えながら描いていけば、ある程度は上手くなると思います。

 

ですが、似顔絵は独学で上手くなるのか?と言われると、正直かなり難しいと思います。

上手くなるには、長く続ける根気と客観的に見てくれる他者の目が必要だからです。

 

似顔絵の基本に向き合うためのコミュニティ「本当に似ている!みんなの似顔絵教室」とは?

  • 自信を持って似顔絵が描けるようになる
  • 自分の思ったような絵柄で似顔絵が描ける
  • 人前でササーっと描いて似顔絵を披露できる
  • 自分の描いた絵が一生の宝になる
  • 似顔絵を描く仲間ができる
  • 本物のプロの似顔絵画家と交流できる

 

そこで僕は似顔絵の基本に向き合えるオンラインの場を作りました。

「似顔絵の基本に向き合うための、長く続ける根気と客観的に見てくれる本物のプロのアドバイスがある場」

それがオンラインコミュニティ「本当に似ている!みんなの似顔絵教室」です。

 

僕たちが教えているのは「似顔絵で一番大事なこと」です。

似顔絵で一番大事なことというのは「似せること」です。

似せれるから、感動されるのであり

似せれるから、可愛く描けるのであり

似せれるから、早く描けるのです。

 

言ってしまえば当たり前の話ですが、似顔絵の基本に向き合わないと似ている似顔絵は描けません。

そして似顔絵の基本に向き合うのはかなり難しいことです。

なぜなら似顔絵の基本は奥深くて抽象的で難解です。こうやって描けばいいんだと知識を手に入れても、実際描くとなるとどう描いていいのか分からなくなります。

そして難しいと感じると基本に向き合うのを避け、ついなんとなく描いてしまいます。

 

なんとなく描いた「言われれば似てるかなぁ?」程度の似顔絵でも喜ばれます。

僕も「言われれば似てるかなぁ?」とか「いい人風に描いただけ」のなんとなくの似顔絵を完全否定する気はありません。似顔絵は描いた人、描かれた人がそれで良いと言うのであれば、それで良いのです。

ですが、それと似顔絵の基本と向き合わずに貴重な時間を失い続けることは釣り合うのだろうか?と言われると疑問です。

なぜなら僕が似顔絵の基本をやっと理解したとき、今まで頑張ってきたことはなんの意味もなかったとハッキリ思えるからです。

基本がちゃんと分かっていなかったことで、必要のない苦労を沢山してきたと思います。

頑張って描いたのに喜んでもらえなかったり、上手く描けなくてイライラしたり、このままでいいんだろうか?という不安、そういうことが基本を理解することでかなり減りました。

なんとなくのままでなく、もっと早くちゃんと理解しておけば良かったと本当に思います。

 

似ている似顔絵が描けるようになるための基本を理解することは、1人でなんとなく似顔絵を描いているままでは絶対に身につきません。

似顔絵の基本を深く理解している人から教わらないと身につきません。

似顔絵の基本を理解していくことは「本当に似せられる、可愛く描ける、早く描ける」ことに繋がり、似顔絵を描くことがもっと楽しくなります。

 

「本当に似ている!みんなの似顔絵教室」

私たちが教えます!!

教室運営責任者 黒木やすし

【黒木やすしプロフィール】

2005年に友人の紹介で京都に本社を構える「いろは出版WORLD1似顔絵事業部」にて19歳で似顔絵画家デビュー後、2010年に東京に進出「星の子プロダクション」と契約し、お台場やみなとみらいなどの関東の観光地で似顔絵を描く。2014年には似顔絵通販サイト「オレンジスマイル 」の立ち上げに参加する。2016年から趣味で始めた似顔絵ブログは月4万人以上が訪れるサイトにまで成長。現在は出身地の宮崎県に拠点を移し、飼い猫と引きこもり暮らしをしている。

【やすし先生のメッセージ】

ブログで絵を教えていて予想以上に似顔絵を学びたいという人が多いことを知り「似顔絵の基本をちゃんと教えたいな〜」という想いに駆られてこの教室を立ち上げました。似てない似顔絵を謎の理論で描きつけている画家さんを見ると「せっかく頑張っているのに、もったいない!」と思っています。

教室では「自己表現できる安全な空間」を大切にし、「似顔絵を描くことに自信」をつけさせたいです。

TVチャンピオン 荒川香織先生(スペシャルゲスト講師)

【荒川香織プロフィール】

宮崎県出身。1994年にデビュー後、25万人以上を描いてきた似顔絵画家。

幼少より絵を描くのが好きで、OLに就職後も地元九州の観光地やイベント等で週末のみの似顔絵師として活動を重ねる。その経験と絵の道への志を持って上京。上京後は都内の大手プロダクションにて活動。

当時では大変珍しい「可愛くPOPな画風」と、それまで近寄り難かった「似顔絵のお店」のイメージを払拭するため「ケーキ屋さんのような明るく綺麗でおしゃれなショップ」にレイアウトして大ブレイクする。瞬く間に人気が上がり、全国ネットのTV番組でも大々的に取り扱われるほどの知名度をあげる。

現在も東京都内を中心に全国各地で活動を広げ、似顔絵業界の第一線にて活躍中。

〈似顔絵現場実績〉アクアシティお台場、横浜ワールドポーター、八景島シーパラダイス、各地イオンモール、サンシャイン60、サンリオピューロランド、ビーナスフォートファミリー… 等その他多数。

〈受賞歴〉1994年 KFSワンちゃんイラストコンテスト優秀賞受賞 1998年 TVチャンピオン優勝

〈TV出演〉☆TBS マツコの知らない世界 この差ってなんですか 王様のブランチ 深夜の星 ☆テレビ東京 TVチャンピオン ABChan-zoo アド街っく天国、☆テレビ朝日 ならデキ ☆BS 大人のアート時間、ダチョウの卵… ☆吉本興業ハリセンボンのきかせてよ!等

【荒川先生のメッセージ】

臨時講師として生徒さんたちの疑問にお答えします。似顔絵は写真のように上手に描こうとは思わず思い切りが大切です。自分の思ったことを大きく表現していきましょう。まずは楽しんで描くことが一番です。教室でお会いできることを楽しみにしております。

金井かすみ先生(スペシャルゲスト講師)

【金井香澄プロフィール】
OL時代に「人に笑いと感動を与えられる仕事に就きたい」と決意し転職。様々な経験や学びを経てプロの似顔絵師への道へと進む。1999年愛知県にてプロの似顔絵作家のグループ「プレジャー企画・お絵かき隊」が発足。第一期メンバーとして活動。2012年同ユニットから独立し、フリーランスの似顔絵作家となり現在に至る。

事務職時代に養った「社会人としてのマナー」営業職時代に培った「おもてなし接客」などのスキルを活かし、従来の似顔絵作家には見かけなかった「ビジネスマナーが高い似顔絵師」として有名企業主催のイベントや結婚式会場などハイクラスのクライアントより依頼を受ける。

また「基本に忠実に似せる」「お客様の気持ちに寄り添うスタイル」により老若男女に愛される似顔絵を描くことができる実力派作家。常に「お客様ファースト」で活動し現在も第一人者として活躍中。

【経歴】
●2004年 NCN(現ISCA)国際似顔絵大会出場 コミック部門 4位
●2006年 NCN(現ISCA)国際似顔絵大会出場 スピード部門 優勝
●2011年 似顔絵楽座・竜王賞 準優勝
●2012年 吉本興業「よしもと芸人似顔絵コンテスト 8月度優秀作品賞
●2013年 ISCA アジア似顔絵大会出場 スタジオワーク部門 優勝

TV出演歴
●2002年 NHK「天才てれびくん」似顔絵の先生として出演
●2003年 フジテレビ「笑っていいとも」似顔絵早描きの達人としてコーナー出演
●2004年 テレビ東京「TVチャンピオン 似顔絵選手権」出場 決勝進出・第3位
●2006年 日本テレビ「ズームイン朝」似顔絵早描き達人として紹介される
●2008年 フジテレビ「笑っていいとも増刊号」
●2011年 フジテレビ「その顔が見てみたい」
●2011年 日本テレビ「メレンゲのきもち」
●2014年 日本テレビ「スクール革命」
●2016年6月16日(木)
日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」

【金井先生のメッセージ】
臨時講師として月に1〜2回のペースで講座等をさせていただきます。
自分で似顔絵を描いてみたいなぁ。。。と思いつつもどうしたら似せて描く事ができるのか分からない。
そんな方に向けて、私自身の経験や知見をもとに「わかりやすく」「理論的に」お伝えしたいと思っております。

 

教室では具体的にどうやって学ぶ?

会員サイトの画像

「会員専用サイト」と、「LINEのオープンチャット」を使って教えていきます。

会員専用サイトにアクセスし、似顔絵ワークをダウンロードしたりやコンテンツを見るなどして、自分のペースで似顔絵が学べます。

LINEのオープンチャットを使い、自分が描いた似顔絵をアップするなどして先生からのアドバイスをもらったり、仲間と交流しながら似顔絵が学べます。

LINEのオープンチャット コミュニティの様子

日本一似顔絵を売った画家が考案した「似顔絵ドリル」

テレビチャンピオンであり、日本で一番似顔絵を売ったと言われている荒川香先生が考案した「似顔絵ドリル」を使って似顔絵を学んでもらいます。特徴というものを並んである顔写真を比べさせることで発見させていく画期的な似顔絵ワークシートです。このドリルを使って似顔絵の基本を徹底的に体に覚えさせます。

 

月2回のzoom勉強会

zoom勉強会の様子

生徒さんがどれくらい似顔絵を理解できているかをテストしたり、似顔絵画家に必要なマインドやテクニックについてオンライン通話サービスの「zoom」を使って教えていきます。似顔絵の悩みや相談にも応えていきます。

毎回zoom勉強会は録画し会員サイトにアップするので、何回も繰り返し好きな時間に見返せますし、参加できなかったとしても講座の内容を学習できます。

毎月2回21時に行います。先生方のスケジュールによって開催日は毎月異なります。

 

「本当に似ている!みんなの似顔絵教室」

生徒の声

Nさん 30代(主婦二児の母)

もともと鉛筆のトレースで友人の顔を描いたりはしていましたが、カラーで本格的に似顔絵を描いたことがありませんでした。その鉛筆画を目にとめてくれた友人が、商業施設での似顔絵出店の紹介をしてくれました。カラーの画材で悩んだ時にみつけたのが、やすし先生の似顔絵を教えてくれるサイトでした。コピック選び、色紙選びなどとても参考になり感謝しています。その後、別の似顔絵師さんと出会い弟子入りしていますが、いろんな意見を聞きたくてやすし先生のメルマガに登録し、やりとりする中で、教室を紹介していただきました。入ってみるとmiiや似顔絵ドリルなど、独自の方法で教えてくださるので、とても新しさを感じました。

いつでも何でも気軽に質問ができ、3人のプロ似顔絵師さんからアドバイスいただけるので、いろんな視点からアドバイスやためになるお話を聞けますし、他のメンバーの方の投稿からその成長を感じ、いい刺激になっています。似顔絵の基本とはなんだろうと意識するようになり、いろんなタッチを模倣して幅を広げようと思うようになりました。
自信の無い作品も、こういうところはいいですね、などと気づかせてくださったり、逆に自信あった作品でも、もっとここを気をつけた方がいい、などと気づかせていただいたりしています。ですので、視野が広がっていると感じています。

Rさん 40代女性 (会社員)

ホワイトボードに家族の顔を描いたのですが、本人から「もっと可愛く描いてほしかった」と言われました。
どうしたら似ていて可愛い絵柄で描けるようになるのかなと言うのと
それ以上に、とにかく自分の絵が下手で、凹んでいたので、
やすし先生のブログ記事を何度も何度も読んでいるうちに、ここの教室にたどり着きました。

私の家族には趣味で絵を描く人が何人かいるのですが(みんな描く絵の分類はバラバラです)
私はその家族に比べると絵も下手だし評価もされてないので
とにかく自分の絵が下手でつらくて、なんとかならないかなってずっと思ってました。

まだまだ葛藤するとは思いますが、
楽しく、自分の好きな絵のスタイルで、自分が思ってるものが絵にできるように慣れればいいなと思っています。

独りでもやもやしているのと、誰かに指導してもらえる環境があるのとでは、
気持ちが全然違うなと感じてます。そしてまだ勉強始めて1ヶ月ほど……
画力や似顔絵力(?)に劇的な変化は無いような気がしますが…
顔を描くときに迷いが減った気がします。
そしてとにかく似顔絵を描くのがめちゃくちゃ楽しくなりました!
そして先週ですが家族の誕生日に、似顔絵をプレゼントしたら喜んでもらえて机の上に飾ってくれました、私がすごく嬉しかったです。これからもたくさん描いて行きたいです!

Uさん 60代女性

似顔絵の基本などの解説が、とてもわかりやすく具体的で的確で参考書や、練習方法が自分に合っていてとても助けられました。
zoomを使ったレッスンでも一方通行の講義形式の教室ではなく描き進めながら質問もできたり、またチャットなど双方向の通信で質問や疑問など発信できる場があるというところも良かったです。
先生方の似顔絵が素敵で素直に感動できたことも教室の魅力です。
ある似顔絵師プロ養成講座を受講したものの、養成講座では消化不良のまま終了したのでこの教室に入れてもらえてほんとうに良かったと思っています。
教室に参加するようになってから、楽しんで絵を描くことができるようになりました。
パーツの関係性について、人の顔を見ると分析するようになりました。
似顔絵はシンプルにを目指すようになりました。リアル寄りで短い線をたくさん引いていく描き方で無理矢理似せていたものが、いかに面白くもないものであったのかと思い知らされました。

Pさん 30代女性(主婦)

昔から絵を描くのは好きだけど、上手くいかないし、絵なん描けても仕方ないと、思い続けて何もせずにいました。
可愛い看板や表紙などを見る度に、こんな風に描けたら楽しいだろうな〜と思う自分もいました。
そんな時に街中で、似顔絵を描いている人を見かけ、短時間で可愛く描けて凄い!あの道具は何ていうのかな?と、とても興味を持ったのを覚えています。
コロナの時代になり、内職で何かないかな?と探していた時に、似顔絵というワードを見つけ、どう描いたらいいのかを探していた時に、やすし先生の似顔絵教室を見つけました。

似顔絵の知識ゼロな私でしたが、やすし先生の似顔絵教室にお世話になり始めて1年近くなりました。
似顔絵ってこんなに、奥深いんだ!顔ってそういう風に描くんだ!と日々発見があり、楽しく学習できます。
気をつける事柄や道具の裏技など似顔絵を仕事にする為の知識と技術が学べる素敵な教室です。

Mさん 50代女性

ささっと似顔絵をかけたら、仕事の時お客様の顔を覚えたり、ちょっとした時にプレゼントできていいな、と常々思っていました。わざわざ習いに行ったりするのは面倒臭いので、ヤスシ先生のブログをみて、「似顔絵ドリル」というキャッチにドンハマりし、メルマガ登録。その後教室に入りました。
参加者さんはプロ志望の方が多い中、素人のわたしにも、楽しくズバッと要点を伝えてくださいます。皆さんのやりとりを見ているだけで、ほーーーーーーーんっとに腑に落ちる発見がたくさん詰まっています!毎日似顔絵がヤミツキです。

 

「本当に似ている!みんなの似顔絵教室」

Q&A

Q1.画材費はいくらかかりますか?

A.画材費は全額自己負担になりますが、鉛筆と消しゴム、コピー用紙があれば学べます。

また、可能であれば「似顔絵の描き方の本」は一冊は持っておく方がお勧めです。

 

Q2.パソコンは必要ですか?

今使われている端末があれば学習可能です。

 

Q3.初心者ですが内容についていけますか?

A.模写がある程度はできないと難しいと思いますが、絵が下手でも似ている似顔絵は描けます。

そして絶対にやらなければいけない課題があるわけではないです。自分のペースで学べます。

誰でも最初は初心者です。自分が似顔絵を描くのに向いているかどうか?本当に取り組みたいのかどうか?を確かめる場にもしてください。

 

Q4.絵を人に見せるのが怖いのですが、絶対に見せなければいけないですか?

A.人に絵を見せられるようになるための場所でもあるので、安心して自己表現できる場としてコミュニティ作りをしています。必要以上に恐れる必要はありませんので上手い下手は気にしていただなくて大丈夫です。どうしても人に絵を見せるのが怖いのであれば、無理に絵を投稿をする必要はないです。

最初の自己紹介でご自身の似顔絵(落書き程度でも可)をアップしてもらうのですが、それ以外の絵の投稿の強制はありません。

 

Q5.ネットで知らない人とコミュニケーションを取るのが苦手です

A.最初に自己紹介をしてもらう以外に、無理にコミュニティで発言を求めることはありません。

挨拶やお礼など、最低限のマナーを守れるようでしたら大丈夫です。

 

Q6.デジタルで描くことは教えてくれますか?

A.あくまで基本を学ぶ場なので、デジタルなどのテクニックをメインで教える場ではありませんが、

プロクリエイトやクリップスタジオなど、必要に応じてある程度までは教えられます。

 

Q7.zoomは顔出しでなければダメですか?

A.なるべく顔出しで参加して欲しいのですが、必須ではありません。

音声のみの参加や聞いているだけでも参加は可能です。

 

Q8.写実的な似顔絵が描きたいのですが

A.写実的な似顔絵というと程度にもよりますが、似顔絵というよりは肖像画の部類に入ります。

写実的な似顔絵を描くにしても基本は理解していた方がいいのですが、

写真のようにリアルな人物が描きたいのであれば、絵画教室やデッサン教室で学ぶことをお勧めします。

 

Q9.ここで学べばプロになれますか?

A.似顔絵でお金を稼ぎたいと思って学んでいただいている生徒さんは多いのですが、仕事の紹介や確実にプロになれるかはお約束できません。

プロとして活動するためのアドバイスはできますが、本人の努力次第になります。

ですが、プロを目指すにしろ、趣味として楽しむにしろ、似顔絵の基本に向き合うことは絶対に大切です。

 

Q10.特徴を掴みすぎた似顔絵を描くのはちょっと抵抗があります

A.似顔絵の基本を掴むために特徴を適切に描けるようになって欲しいのですが、「こう描きなさい!」というような強制的な指導はありません。似顔絵で大切なことは少しずつ分かっていってくれればいいと思っていますし、生徒さんが受け取りたいことを受け取ってくれればそれでいいと思って指導しています。

 

Q11.ネットのサービスは退会手続きが面倒なのが不安です

A.退会手続きは簡潔にいたします。運営者の「黒木やすし」にご連絡いただければ迅速に対応致します。

お支払い方法はPayPal(ペイパル)での自動引き落としになりますが、万が一退会手続きにトラブルが起こり、必要以上にご入金をされてしまった場合はその金額をご返金いたします。

*PayPay(ペイペイ)ではありません。

 

教室のサービス内容についてご質問がありましたら、やすしのLINEにお問い合わせください。

↓↓↓

入会方法

金額

月額3980円(税込)のサービスとなります。

入会金無料

 

正直、かなりお安くしました。長く続けないと似顔絵はなかなかうまくならないので、長く続けやすいようにこのような価格設定にしてあります。

 

月額課金制です。入会手続きをされてから毎月入会した日にちと同じ日に料金が引き落としされます。

ご入金後、1ヶ月間サービスをご利用できます。

例 4月15日に入会した場合、次回の入金が5月15日に引き落とされます。この場合のサービス期間は4月15日から5月15日になります。

退会される場合は、引き落とし日の5日以上前にご連絡ください。

 

支払い方法

ペイパル|銀行決済も手数料0円、カードのポイント貯まる|VISA,Mastercard,JCB,American Express, 銀行


「PayPal(ペイパル)」でお支払い頂けます。PayPalの対応クレジットカード(VISA , Master Card , Amex, JCB)*PayPay(ペイペイ)ではありません。

「PayPal(ペイパル)」アカウントをお持ちでない方は、大変お手数ですがアカウント作成をしてお申し込みください。詳しくはPayPalサイトからご確認ください。

PayPal(ペイパル)をお使いいただければ、登録した銀行口座からのお支払いも可能ですので、クレジットカードなしでもお支払いいただけます。

 

お支払い方法でわからないことがありましたら、やすし のライン公式アカウントにご質問ください

やすしにLINEで問い合わせる

↓↓↓

 

お申し込み、お申し込み後

お申し込みフォームから必要事項をご記入後、「確認する」ボタンを押してください。

*docomo au SoftBank などのキャリアのメールは届かないので、gmailやyahooメールなどのPCのメールアドレスをお使いください。

内容に問題がなければ、「申込む」ボタンを押してください。

PayPalの画面に切り替わりますので、PayPalアカウントにログインしてお支払いください。

 

お申し込み手続きとPayPalでのお支払いが完了しましたら自動でメールが送られます。

メールに会員サイトのURLが記載されていますので、そこから会員登録してください。

会員サイトの登録画面

会員登録後、「はじめに」と「コミュニティのルール」を読んでいたき、「LINEのオープンチャット」にご参加ください。

 

「本当に似ている!みんなの似顔絵教室」

最後に「似顔絵の才能は誰でも持っている」

ここまで読んで頂きありがとうございます。

有名人の似顔絵を何枚かお見せしましたが、それを見て「似てるー!すごい!!こんな風に描けるようになりたい!!!」と思っていただいたのであれば、あなたにも似顔絵の才能があると僕は思います。

お見せしてきた有名人の似顔絵には「誰を描いたか?」は一部を除き、記載していません。

でも言われなくても誰を描いたか分かりましたよね?

 

あなたは人の特徴を捉えるのは難しい、、と思っているかもしれませんが、

特徴自体は一瞬で捉えているのです。

特徴をつかめているから「似ている」と分かるわけです。

なので特徴をつかむための才能は誰でも持っていると僕は思います。

 

ですが、その才能を「似ている似顔絵を描く」ことまで昇華していくには、長いこと描き続けなくてはいけません。

似顔絵の基本というのは、とても、とても奥が深いです。僕も基本はわかったけど、正直まだまだ浅いかなーと思っていたりします。似顔絵を描くことをライフワークにしたいのであれば、一生向き合い続ける必要があると思いますね。

 

なので、自分も「本当に似ている似顔絵が描けるようになりたい!!」と思っているのであれば、

ぜひ僕たちと同じように向き合ってみてください。

 

「本当に似ている!みんなの似顔絵教室」