自分のイラストの画風が決まらない?個性的な絵柄やタッチの見つけ方

こんにちは 似顔絵画家の やすし です。

 

いっぱい描いているけど、なんか自分が描くイラストって絵柄がバラバラで、しかも全部誰かの真似っぽくて個性ゼロ。

自分らしい絵柄が見つからない、プロを目指しているけど、なんか不安になってくる。

今回はそんな風に自分の「絵柄」と「画風」が決まらずに悩んでいる人のために、

効果的な方法について書いていきます。

 

「絵柄」と「画風」は意味がちょっと違うかもしれませんが、

同じ意味としてこの記事では書いていきます。

 

要は「自分なりの個性を発揮した絵」ってことですね。

 

模写とかをたくさんやって、絵が上達してくると、

自分の絵は誰かの真似にすぎないなぁと、ちょっと物足りなくなってくるし、

このままでいいのかな、、?と不安になってきますよね。

 

そんな「自分なりの個性を発揮した絵」はどうやって見つければいいんだ??って悩みに

 

・絵柄と画風ってバリエーションがあった方がいいのか?

・スピードを上げて枚数を描くことによって見極めていこう

 

って話をします。

 

絵柄と画風はいきなり決めない方がいい

 

「絵柄」と「画風」が決められないというのは、

絵を描いていく上で、なかなかの醍醐味です。

自分のサインを考えるみたいなもんですからね。

本来は楽しい作業だと思うんですよ。

 

でも、自分には個性がない、、

みたいに悩んでしまうと、なかなか苦しくなってくるかもしれません。

 

でも最初のうちはそこまで悩まなくてもいいんじゃないかなぁって思います。

色々描いてみて、楽しみながら模索していけばいいんじゃないかぁって思いますね。

すぐに答えを出そうとするのは、あんまり良くないかと思います。

 

画家で言うと、ピカソなんか絵柄変わりまくってますからね。

「絵柄」と「画風」の追求っていうのは、一生かけて見つけていく行為かなと思います。

 

あとこういうご意見もあるので、参考にしてみて下さい。

 

絵柄と画風のバリエーションはあまり増やさない方がいい?

 

プロとして絵の仕事をするなら、

あ、〇〇さんの絵だ! この絵見たことある!

って思われる方が、いいんですよね。

まぁ、僕は似顔絵描きで、バリバリのイラストレーターではないので、説得力は弱いのですが、

自分の強みを生かした絵を、ちゃんと絞って描いていく方が、仕事はやりやすいようです。

 

要は、仕事を頼む人が頼みやすいようになっていると、仕事が得やすいという訳です。

単純に、可愛らしい絵を描く人なのか、リアルでかっこいい絵を描く人なのか

はっきりさせないと頼む人が、この人どんな絵描く人だっけ??ってなっちゃうわけですね。

 

似顔絵画家の世界でも、僕は絵柄を何種類か描き分けてやってきたのですが、

 

他の画家を見てみると、ほぼ全ての人が1種類の絵柄で描いています。

 

僕のやり方がまずいのかもしれませんが、

バリエーション増やしても、お客さんからの信頼を得にくいです。

そんな感じなので、どうせなら絞っていった方が楽です。

それに、いちいち絵柄を切り替えようと思うと、絵を描く際に調子出すのが上手く行かないんですよね、、、

 

なので、本格的にプロを目指しているのであれば、「自分なりの個性を発揮した絵」を少なく絞って追求していく必要があるでしょう。

 

仕事によっては絵柄のバリエーションを増やした方がいいと言うか、

求められる絵柄に柔軟に対応していくことが必要だったりしますが、

単純に画力があれば、色々対応できます。

 

個性とは癖である。癖を見極めるのが、絵柄を決める鍵

 

ここで、「自分なりの個性を発揮した絵」を見つける方法について書いていきます。

僕は自分の癖を発見することが、「自分なりの個性を発揮した絵」を見つけるポイントになるかなぁと思います。

 

癖というのは悪い意味もありますが、うまいこと消化すれば個性になります。

なんかどうしてもこう描いちゃうみたいなやつです。

あとは、こう描くとなんか気持ちいいみたいな感じのやつです。

自分の感覚に合っているものが自分の個性だと思うんですよ。

 

癖を発見するには、

単純にめちゃめちゃ枚数を描けばいいです。

めちゃめちゃ描いているうちに、自分に合った描き方が見えてくるんですよね。

これ描くの癖になるわーっていうのもあったりして、

あ、自分に合った絵柄ってこれなんだなって分かってきます。

 

で、枚数も大事なんですが、スピードを上げて、枚数描いてみてください。

似顔絵だと、一人の顔を10分で描いたりしないといけないので、

そんぐらい早く描くと、なんか自分の絵、どうしてもこうなるわ

ってのがハッキリと見えてくるんですよね。

絵にもよりますが、1時間以内とか30分以内でとか、

普段仕上げる時間よりも早く描いてみて下さい。

 

イラストの仕事をするにあたっても、テキパキとやる必要があるかと思いますので、

スピードを上げて、自分がどれくらい描けるのかを知っておいた方がいいと思います。

 

「枚数描く」のと「スピードを上げて描いてみる」

この二つを繰り返し、試行錯誤しながら、

「自分なりの個性を発揮した絵」を見出していくのが良いのではないかと思います。

 

他にいい方法があるかもしれませんが、

僕はこの感じで絵柄が決まってきました。

まず、この人の絵みたいに描きたいなぁというところから始まって、

「枚数描く」のと「スピードを上げて描いてみる」を繰り返していくうちに、

今の絵柄になっています。

 

で、またどんどん変わっていくのかなぁと思います。

 

まとめ 絵柄と画風は徐々に変わっていくもの

 

「自分なりの個性を発揮した絵」が見つかり、

自分の絵はこれだーーーー!!

ってなっても、仕事がないんじゃ困ったもんです。

プロとしてやるならの話ですが、、

 

似顔絵で言うと、あんまり癖の強い絵を描くと、注文が取りにくかったりします。

「自分なりの個性を発揮した絵」を見つけたとしても、柔軟に変化していく必要があります。

正直な話、個性って別にそんなに重要じゃないです。

売れる絵って割と似たり寄ったりで、可も無く不可も無く、な感じだったりします。

 

上手く行かなかった場合、

ここで、自分の絵柄を追求するか、売れる人の絵を真似ておもいきって変えてみるか、の選択が迫られます。

 

正直、どっちがいいのかはわかりません。

 

僕は、追求していった方がいいと思います。

無理に変えると、上手くいったとしても辛くなってくるかなぁってのと、

僕が見てきた良い絵を描くなぁって人の絵は、

自分のやり方をちゃんと追求して、勝負してるかなぁって思いますね。

 

描いている絵というのは、どんどん変わっていくのが自然です。

流行り廃りとかもありますし、答えはないので、バランスを見ながら取り組んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください