似顔絵画家が教える顔のイラストの描き方と一番大事なコツ。顔の特徴とは何なのかについて

 

こんにちは、似顔絵画家の やすし です。

 

今回は顔の描き方について書いていきます。

 

もう、毎日顔を描いているので、どう説明していいのかよくわかんないのですが、

顔だけなら

もう漫画の模写でもなんでも良いから、とにかく描いて

なんか掴むのが一番良いかと思うのですが、

 

 

僕は似顔絵画家なので

似顔絵を描く際に役立つ顔の描き方

みたいな感じのことを書いていきます。

 

基本はよくある丸描いて十時線とかを引いてバランスをとってみたいなので

良いのですが、似顔絵になると、ちょっとコツがあります

 

 

 

ネットを見てみると、漫画チックな顔の描き方について書いてる事が多いですが、

上手い描き方みたいなのは、そっちを見ていただければと思います。

 

なんかネットで「顔の描き方」で調べてみると、すげーめんどくさそうなことばっか描いてあって、

自分ももっと勉強した方がいいのかなと思いましたが、

似顔絵の場合は、なんか下手でも大丈夫です。

 

 

基本中の基本の似顔絵の考え方

 

似顔絵というのは

顔のパーツとパーツの関係性で決まります。

どういうことかというと

 

 

フリーハンドなので、若干形は違うんですが、

AもBも全くおんなじパーツでできています。

 

そう、

同じパーツでも位置関係が違うだけで、全然違う顔に見えるのです。

これが似顔絵を描く際の基本的な考え方であり

特徴の正体です。

ちょっと へぇー っとなりませんでしたか?

 

この位置関係だけで、その似顔絵が似ているかの7割ぐらいが決まります。

 

よく「似顔絵ってどこから見て描いてるんですか?」って聞かれるのですが、

僕はまず、このパーツの関係性を見て描いています。

 

まずは輪郭から、シンプルな図形で考えよう

 

どこから描いてもいいのですが、

似顔絵の場合はまず輪郭から描くのがいいと思います。

 

とりあえず、一番人の印象を決める部分が輪郭だからですね。

ほら、ミッキーマウスとか有名なキャラクターって、

シェルエットで分かっちゃうじゃないですか。

 

 

で、

似顔絵で顔を描く際は、シンプルに対象を捉えることが重要です。

似顔絵画家が教える顔のイラストの輪郭の描き方(男女共通)初心者はまず、図形を意識して描くことを覚えよう

 

この人顔が丸いなとか、四角っぽいなとかそんな感じ。

理由はですね

印象ってのはそういうことだからです。

人間って形を正確に見ていると言うよりか、

ざっくりと見てるので、

シンプルに捉える事が、似せる際に重要になっちゃうんですよね。

 

で、

初心者だとこれが分かりにくいんですよね。

え?この人の顔って丸なの?四角なの?って

 

よく観察することは大事なのですが、

見すぎるとよくわかんなくなっちゃうので、

ほんとざっくりとした感じで顔を見る事が重要です。

 

コツは考えるより感じる事ですね。

うん、むずい

 

髪型さえあってればなんとなくその人に見える

 

輪郭を描くついでに髪型も描くといいでしょう。

髪型って輪郭よりもバリエーションあるので難しいとは思いますが

これもなるべくシンプルに見るようにしましょう。

 

似顔絵難しいと思ったら

とりあえず髪型だけ合ってれば、なんとなくその人だとわかるので

髪型さえあってればいいかなぐらいに考えても大丈夫です。

 

逆に、髪型ってのはそれだけ輪郭以上にその人の雰囲気を決めてしまうので、

注意した方がいいです。

 

 

で、一番注意したいのが、髪ボリュームです。

禿げてるかどうかじゃないですよ

輪郭に対して髪のボリュームどうなってるだろう?

ってことです。

これだけでもだいぶ変わって来るので注意です。

似顔絵画家が教えるイラストの髪の毛の描き方。ボリュームの捉え方に注意しよう

似たような髪型でも、ボリュームでだいぶ変わる

 

 

顔のパーツも描いていく、形より位置関係に注意

 

輪郭と髪型が決まったら顔のパーツを描いていきます。

どのパーツからでもいいのですが、

まずは顔の中心になる鼻から描いていくのが良いと思います。

似顔絵画家が教えるイラストの鼻の描き方。アウトラインは影が濃い部分

 

で、

顔のパーツを描いていく際は

最初に書いた、位置関係に注意してください。

 

 

いきなりちゃんと形をとって描いていくよりも

なんとなく、優しい感じで、モワッとした感じで

描いてみると良いでしょう。

 

鼻はここで、目はここら辺で、だとすると口はこうかな〜

みたいな、、、

ちょっと文字だと分かりずらいですが。

 

こんな感じ

 

 

面白いことに

ちゃんと描いていなくても、

この位置関係だけで、けっこう似てきます。

 

この段階で、似てるなーと感じなければ

どんなに形を正確に描いたり、描き込んでも

似ません。

 

 

まー、これが難しんですわ

なーんかずっと見て描いていると

位置関係よりも、意識がパーツごとの形にいってしまって

よく分かんなくなってくるんです。

 

よく分かんなくなったら、

休憩して見返しましょう

思わず「あ、似てるわ」思えたら

似てる可能性は大です。

 

似てねーなーと思ったら位置関係を見返しましょう。

1から描き直して見るのもアリですね。

 

あと、パーツごとの大きさと相対的な関係性も大事です。

 

まとめ 初心者はMiiで練習せよ

 

似顔絵の基本的な描き方について書いて見ましたが、

この記事見ただけじゃ、上手くは描けないと思います。

ですが

どの似顔絵の描き方の本にも、まずこれと似たような事が書いてあります。

なのでかなり重要なこと描いています。

 

 

今回はとりあえず書いてみたぐらいの記事なので、

今後もっと詳しく書いていこうとは思いますが、

 

 

初心者の方はニンテンドーの「mii」を使って練習するのが良いです。

miiってパーツ少ないし、耳のパーツないので

難しいのですが、

それがすごく練習になります。

今回書いた似顔絵を描く際の考え方と言いますか、感じ方を磨いていくのに

すごく良いです。

*残念ながらスマホアプリで作れるmiiのサービスが終了したため、

任天堂のゲーム機を持ってないと作れなくなってしまいました。

他にいいものがあればまた紹介したいと思います。

 

 

ほんと位置関係が重要です。

似てる似顔絵が描きたいのであれば、、

 

今回書いたようなことを基にして芸能人を描いた記事もありますので、

イメージを掴みたい方はこちらの記事もオススメです。

 

お笑い芸人の小藪さんの似顔絵(Miiを使って描くコツも紹介)そしてそれがマツコさんの番組に出たよ

 

顔の描き方関連記事

似顔絵画家が教える顔のイラストの輪郭の描き方(男女共通)初心者はまず、図形を意識して描くことを覚えよう

似顔絵画家が教えるイラストの目の描き方、シンプルに簡単な形で捉えよう

似顔絵画家が教えるイラストの口の描き方。老若男女の種類もざっくりと紹介

似顔絵画家が教えるイラストの鼻の描き方。アウトラインは影が濃い部分

似顔絵画家が教える眉毛のイラストの描き方。毛並みよりも形と大きさの印象をつかもう

似顔絵画家が教える耳のイラストの描き方。耳はちゃんと描くとキモい

似顔絵画家が教えるイラストの髪の毛の描き方。ボリュームの捉え方に注意しよう

 

おすすめ記事

似顔絵イラストは表情で決まる!?明石家さんまの笑顔はどれくらい歯を出せば良いのか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です