何から練習すれば?と思ってるイラスト初心者は絵の上達は無理な話

 

こんにちは、似顔絵画家の やすし です。

 

絵が上手い人って羨ましいなぁー

自分も上手に描けるようになりたい

でもどうすれば、、、

 

「何から練習すれば良いんだろう??」

 

って

思っている方は沢山います。

 

で、何かしら本とかネットとかで調べたりして、

ふむふむと思って

よし、やるぞと思うのですが、

ちょっと描いてみて、

やっぱダメだわ、、、てなって

で、結局全然描かない

 

まだ描けば良い方で、

大抵の方は何も描かずに、なぜか絵の描き方的な本とか設定資料集

を読んだだけで終わる

 

ので、

「何から描いたら良いんだろう?」

って思ってる時点で上達の見込みはない、、、

 

すみません。だいぶ意地悪なこと言いました。

でも結構真実だと思います。

 

練習すれば誰でも絵は上手にはなるのですが、

ほんと長いこと描き続けないと上達しません。

プロ並に絵が上達するには最低何時間かかるのか?一生下手クソのままの危険性

 

「何から練習すれば良いんだろう?」って思っている人は、練習しても上手になった実感がなかなか得られず、

絶対挫折して終わると思います。

なんですが、ここまで読んで「自分に当てはまるかも、、」と思ったあなたでも、

最後まで読んでいただければ、絵の初心者が上達するまで描き続けるために大切なことが分かりますので、

ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

よくある絵を描きたいやつが挫折する、もしくは自意識の病気にかかりこじらせるケース

 

確かに、初心者の練習方みたいなものはありますが、

まー、多分やらないだろうし、やっても先生いないと正しくやれてるのかよくわかんない。

で、練習法って言ってもつまらないものばかりなんですよね。

 

あの面白くない練習方からやんないとダメなのかな?

(例えばデッサンとかですね。)

あれをやらなきゃ上手くならないなんて、なんかめんどくセーな

って思っちゃって、完全に絵を描くことから心が離れちゃうパターンが多いかなと、、、

せっかくやりたいと思ったのに残念な結果になってしまいます。

 

で、絵を描きたいという心を持ち続けたとしても

絵が上手くなりたいんじゃなくて、

絵が上手い人に憧れてるだけになっちゃって

明日から本気出すかーが連日続く、

知識ばかり詰め込んで、用語とかテクニックの概要は知ってるんだけど

実際には全然描けなくて、

やりたければやればいいのに、

時間がとか、気分がとか、言い訳ばっかしてやらない。

で、人には「俺、絵描いてんだ」とか言ったり、

他人が絵を描いていたら、つい分かったような意見を言っちゃったりして

で、そういうこと言っちゃうもんだから、

人に褒められるような絵が描けないといけないなって、ハードルが上がり、

ハードルが上がるもんだから、練習もより億劫になり

身動きが取れなくなってくる。

そんなことが続くと俺ってダメだって自己嫌悪になって、

やがて謎の批評家になり下がり

で、ちゃんと描いて上達しているやつから

「てか、あいつなんなん?」と言われ

もう、目も当てられない状況に、、、

 

絵を描きたいという気持ちだけを持ち続けちゃうと、

なーんか痛い人みたいになっちゃうわけですね。

 

なぜ「何を描いたらいいの?」と思っていたらダメなのか?

 

自分は絶対そんなダサい感じにはならないよ

って思っちゃうかもしれませんが、

まー、これは誰でもなりがち。

僕もたまになっちゃいますからね(笑)

 

あなたが、何から描いたらいいの?

って思ったのだとしたら、

ぶっちゃけそれは本当に描きたいものからの逃げです。

 

 

上達する人の考え方は、やっぱ

「これ描きたいんだけど、上手く描けない、ならどうすれば上手く描けんだ?」

だと思います。

 

おっぱいがなんかうまく描けないな、なんか立体感が出せないし、なんか固そう

そうか、球体であることを意識しないといけないのか

陰影のつけ方とか線の入れ方を勉強して練習しよう

みたいな感じなんですよね。

 

あくまで自分が「表現したいもの」があってからの

何を練習すればいいの?

って感じなんですよ。

 

なので、上達する人は「何から練習すれば?」とか漠然としたことは思わない。

 

何かを恐れているから練習しようなどという風に考える

 

ある程度年齢のいった初心者だと絵を描くことは恐怖との戦いです。

もう歳を取れば取るほど

メタボみたいに余計なプライドがついていったりするので、

絵を描きたいと思っていても

まー、怖くて絵を描くことができなくなっちゃう

 

絵を描くって超恥ずかしいですよね??

絶対なんか言われるし、笑われます。

ちょっとでも絵を描こうもんなら、どこから湧いてくるのかわかんないけど

「変な絵ーww」「下手くそーw」

って言葉が飛んできます。

そして自分も、「うわー、俺の描いてる絵痛いわー、ないわー」

「その程度の絵しかかけないとか、恥ずかしくないの?」

みたいな言葉を自分に浴びせてしまいます。

 

そういう批判が怖いから

なんかちゃんとしたようなことを練習しないといけないなって思って

「何から描いたらいいの?」

って考えちゃうんですよ。

 

でもよく考えてみてください。

頑張って上手くなったとしてですよ

で、上手くなったら

そうしたら、、、

 

そうしたら??

上手くなることになんか意味あるんですか?

誰か困ります??

 

????

??

 

それがなんなん???

って感じじゃないですか?

 

ぶっちゃけ、絵が上手くなりたいなんて思ってるあなた

ただ単に人にドヤ顏したいだけなのでは?

褒めてもらおうなどど思っているのではないでしょうか?

 

それがそもそもの間違いなのかもしれません。

 

人はなぜ絵を描くのか?描きたいと思ったきっかけは?

 

絵を描くって、やっぱ衝動だよな

 

って気がする。

「か、描きテェーっ」って思ったら

「やるーーーーー♪」てなんないといけないんですよ

子供を見ていればわかるけど、

絵を描くときに躊躇なんかしない

 

考えないんです。

何を描けばいいのか?とか

僕も小さい頃

白い紙があると、なんか描いて画面を埋めたかったですからね。

描きたいから描く、それだけなんです。

 

 

まず、この衝動がないと絵は描けない。

で、何から描いたらいいの?

って思ったってことは、一応衝動は湧いたのだと思う。

なんか描きたいものがあるはずなんですよね。

で、それにブレーキをかけてるんだと思うんですよね。

 

大体の人は思春期突入しちゃうとブレーキかけちゃうんですよね。

変なプライドがついて、人に褒められようなどと思っちゃうから。

あと上手くないといけないという価値観がなぜか染み込んじゃってる。

で、年を取れば取るほど重傷になってくるんです。

で、余計何から描いたらいいんだとか言い出しちゃう。

 

ブレーキってどう外せばいいんじゃいってなるかもしれませんが、

絵を描く前にやるべきことがあるわけです。

 

絵の初心者がまずやるべきことは?

 

多分、なんか描いてみたいなと思ったモチーフ、人とか風景とか、なんか気に入った絵とか、

があって、初めて人は絵を描きたいなと思うのですが、

多分いきなり無茶なもの描きたいと思っているはずなんですよね。

いきなり超上手い人の絵みたいなのを描きたいとか思っているはずなんですが、

そういう自分のピュアな気持ちを全力で守ってください。

 

決して表現しないままでいろってことじゃないですよ。

この守るというのは、絶対自分で自分を否定しないことです。

で、それからいきなり憧れの絵の人の絵を真似したり、

描きたいなと思ったものを描いちゃってください。

 

そんな感じで描いてくと、

どんなに下手くそでも、本当に描きたいものを描いていていたら、

ものすごい興奮が湧くので、ドキドキしたり快感が得られるもんなんですよ。

これって超大事なんですよね。

そういう気持ちに素直になって、ただ描いていけばいいと思います。

「こんなことして意味あんの?」「自分ってなんか痛くない??」

とか思わずに、やりたいからやるんじゃーって感じですね。

 

「ドキドキお絵描き体験」が大事!?

描いてみたらなんか自分下手すぎて嫌だわってなるかもしれませんが、

当たり前なので落ち込まないで何回もトライしてください。

描いていて胸がドキドキすることが大切です。

これを「ドキドキお絵描き体験」と僕は呼んでいます。

 

例えば、僕なんかで言うと

中学生の頃、女性の人物画描きたいなぁって思ってたんですが、

胸の膨らみとか描くのが超ドキドキものでしたね。

 

で、ヌードなんかも描いちゃったりなんかして、

俺って変態か?なんて思ってました。

今思うとそんぐらいで変態なわけないやんって思うのですが、

そういう感じのことです。

 

いや、女性のヌードじゃなくても興奮しますよ。

他に例を出すと、

小1の時、クレヨンしんちゃん読んでいたくて学校をズル休みしたのですが(意味不ですよね)

その日、急にクレヨンしんちゃんの模写がしたくなって、

描いてみたら上手に模写できたのですが、

その日アドレナリン出まくりでしたからね。

 

これはやってみればあなたにも分かるはずです。

「ドキドキお絵描き体験」をするために、

自分のピュアな気持ちから絵を描こうとしてください。

 

 

でないと絵を描き続けるのは無理、、かな

(全然快感が得られないなら、無理に絵を描く必要ないんじゃないかと思います)

 

 

だってそうしないと

永遠に何を描けばいいか分かんなくなります。

仮に上手くなるために絵を描き続けて上達していって、

ドヤリ続けて

プロになれたとしても

人に褒められるために絵を描くもんだから、褒められなかったらすげー嫌になるし

もう描きたくない、でもやんなきゃという葛藤を抱えたまま生きることになる

で、何のために絵を描いているのか分からなくなって、そういう人が筆を折っていくのかな?

と思う

 

 

 

本当に描きたい絵は誰にも見せられない?

 

なんかよく絵とかイラストの世界では、芸術「作品」を作るんじゃなくて、

お客さんに喜んでもらう「商品」を作れみたいなのがあるんですよ。

で、人に見せられるものが「商品」で、人に見せられないものが「作品」

みたいに言っている人もいます。

 

で、初心者の方は「商品」を作ろうとするんじゃなくて、まずは「作品」を作ってください。

この「作品」と言うのは、人に喜んでもらおうとか、褒めてもらおうと思って描く絵ではなく、

どうしても描きたい、描いてみたい、描かざるおえない、という気持ちがあるから描く絵

そういう意味合いのものです。

 

ヘンリー・ダーガーさんを見習う

ヘンリー・ダーガーっていうやばい人がアメリカにいたんですよ。

もう誰に見せることもない絵を永遠と描き続けていた変人

何十年も誰に見せることもない絵を描き続けて、

彼の描いた「作品」は死んでから発見されたそうです。

彼のドキュメンタリー映画の予告編がこちら

誰にも見せるわけじゃないのに、なぜ絵を描き続けるモチベーションがあったのだろう?

って思っちゃうのですが、やっぱ自分の衝動に素直だったからかな?と思います。

(極度のコミュ障だったからもう絵を描くしかなかったてのもあるかな)

 

検索すれば絵はたくさん出てきますが、多分皆さん

見てはいけないものを見たような感覚になるはず

 

そもそも、絵っていうのは人に見せるもんじゃないかもしれない。

本当に描きたい絵ほどその傾向は強くなるかな。

自分が描きたいことを解放していく行為って、

親に内緒で、飼ってはいけない動物を飼う感じに似ています。

 

まとめ

途中で僕の「ドキドキお絵描き体験」について話しましたが、

その絵ってのは誰かに見てもらいたくて描いてませんからね。

自分の快感のためだけに描いていました。

 

まぁ、僕も散々絵を描いては人にドヤ顔してましたが、

人に見せてる絵ってのは、そういう「ドキドキお絵描き体験」で培った画力を生かして、

無難な見せても大丈夫そうな絵だけを見せてました。

 

なので、誰にも見せない前提で、誰にも見せられないような絵を全力で描いてみてください。(ビビっときた絵の模写でもいい)

誰にもバレないように飼ってはいけない動物を育てていく感じです。

それが初心者の本当の最初のステップかもしれません。

「何から練習すれば?」と思わずに、自分のその描きたい絵はどうやったらもっと上手く描けるんだろう?

という感じで試行錯誤しながらやってみてください。

よくある絵の練習法は、そういう状態になってからやるのが一番良いと思います。

 

一度でもこの「ドキドキお絵描き体験」の快感を味わってしまったら、

もう病みつきになります。

俺の描いている絵、やべーな!!そしてこれを描いている俺やべーーーー!!!

もうたまらんわぁあーーーーってなります。

 

僕は最近はお絵描きドキドキ体験がないので、ちょっと工夫しなきゃって感じなんですが、

でも、初心者のあなたは感じやすいと思うので、高い確率で体験できるかと思います。

 

 

練習が無駄であると、言いたいわけではないのですが、

方法論ばかりを追い求めて、実際に描き続けることができる人が少ないので、変化球なちょっと意地悪な記事を書いてみました。

嫌味っぽく感じる方もいるかもしれませんが、絵を描く上で一番大事なことを書いたと思っています。

 

でも、ちょっと極端なこと書きすぎたかなと思うので、

普通の練習法を言うとしたら、とりあえず初心者は模写をやりまくればいいです。

絵やイラストの初心者が上達し続けるために必要なことのまとめ

 

あと、単純に上手くなりたいという人向けにオススメの本があるので紹介します。

ゲームのイラストレーターの方が書いた本で、ど下手くそだった著者がゲーム会社に就職できるぐらい絵が上達した方法論が書かれています。

良くある絵の参考書とは違い、参考になる絵とかはなく文字ばかりなのですが、

絵が上手くなるための考え方や方法論が詳しく書かれており、

読んでいてやっぱりそうですよね!って思えるものや、意外な発見があったのですごくいい本です。

読めば、「絵が上手くなりたいけど、どうしたらいいんだろう??」って悩みが一気に解決するかと思います。

難点は電子書籍のみで、Kindleでないと読めないです。

あと本のボリュームに対して価格が高めかなと思うのですが、

「絵をたくさん描いてるんだけど全然上手くならねぇっ!まるで迷路にいるようだ、、」て悩みをすぐ解消したいなら読んだほうがいいですね。

 

あと、絵の勉強をするならこういうサイトもあります。

・お絵かき講座「パルミー」

基本的に、漫画やアニメっぽいイラストがメインになりますね。

無料講座もけっこう充実していて、見てるだけでも上手くなりそうな感じなんですが、

見てるだけじゃもちろん上手くならないので、

もし受講するなら、今回伝えた

「ドキドキお絵描き体験」することを大事にして、「これ描きたいんだけど、上手く描けない、ならどうすれば上手く描けんだ?」

っていうのを意識して頑張って描いてみてください。

有料の講座を受ける場合はコンテンツが多いので、

初心者の人は自分が勉強したいことを「絞って」受講する方がいいかなと思います。

見放題で色々見てるとわけわかんなくなると思うんですよね。

いきなり何でもかんでも上手くなる必要はないので、自分が勉強したい講座を受講することをオススメします。

じゃないと見てるだけで満足しちゃって、結局何にも描かないってことになっちゃうかもしれません。

 

P.S

多分しばらくしてからこの記事を見返した時

うわー、、俺なんか語っちゃってるよー、、、

ってなるだろうな

なので、あなたも完璧にはこだわらないように

おすすめ記事

絵の上達にはデッサンと模写はどっちが重要?二つの違いと意味について

ただ単に模写しただけでは上手くならない?初心者によくある間違ったやり方から脱却する方法

絵が上達するには最低何時間かかるのか?一生下手クソのままの危険性

絵を描くのが下手な人必見の上達の裏技!!絵の上手な人が必ず使っている黒魔術

絵が下手な人に共通するある一つの共通点、これが乗り越えられれば天才!?

上手な絵とはなんなのか?漫画やイラスト表現の上手い下手議論の不毛さについて

絵は独学でも大丈夫!?似顔絵のイラストレーターになるには似顔絵会社の教室に行くのが近道

頑張れば誰でもプロのイラストレーターになれる!!全国のオススメ白熱似顔絵教室をご紹介

美大とか美術系の学校行ってないのに絵の上手い有名な作家をまとめみた

プロの絵描きになるために美術系の専門学校や美大に行く必要はあるのか?

 

2 件のコメント

  • こんにちは。

    表現したいもんがあるけど、それを出力できるスキルがなくて、そのスキルを身につけるために試行錯誤中です。
    でもこれで本当にいいのか、とか。方向性は合っているのか、とか。
    なかなか上達しなくて、色々迷うこともあります。
    このページ見た時、何か頭ごなしに否定されてる?みたいに感じました。
    読んでくとそうでもないようですが、何かあっちこっちに話が飛んでよくわからない。

    >何かを恐れているから練習しようなどという風に考える
    ??
    練習なんかクソ食らえ?
    結局、自分のために、自分がドキドキできるお絵描きをすればいいってこと?

    昔、そんな感じで「楽しければいいじゃーん」な姿勢で何年もノートで描いてはいました。
    でもね、それって「手癖で描く」「自分が今持っているスキルだけで描く」ってことなので、上達なんぞしないのですよ。
    いや、永遠に他人に見せない自己満足お絵描きだけしてりゃそれでいいのでしょうけど。

    でも、上手くなりたいことに数年がかりで気付いて、ずっと避けてきた人物デッサンやパースについて学んでいる最中です。
    自分の絵が下手だから、自分の絵を描く前にそういう方法でインプットを充実させるのは「逃げ」みたいに言われている印象を受けました。

    • ななし 様

      コメントありがとうございます。

      今回の記事は、「あまり絵を描いていない初心者の人」に向けて書いたので、
      ななしさんみたいにある程度取り組んでいる人からすると、何言ってんの?という感じだったかもしれません。

      僕の言いたいこととしては、「絵を描き続けるために大事なこと」を伝えたかったわけです。
      そのために「自分がドキドキできるお絵かきを大切にしよう」って話です。

      「自分がドキドキできるお絵かき」を大切にせず、何ための練習かもわからずに練習すると辛いだけなので、それで嫌になってやめてしまったら、結局上達しませんよってことです。

      続けられたとしても、
      本来の絵を描く動機を大事にしないで、テクニックを磨くことに何か意味あるの?
      テクニックだけを追ってたら本末転倒になるよ。それって辛いだけだよ。
      ってことが言いたいわけですね。

      僕も文章力が完璧というわけでもないので、誤解を与えたり、わかりにくかったりするかもしれません。
      単純に価値観が合わないのかもしれません。
      いずれこの記事も誤解がないように書き直すかもしれません。
      ですが、頑張ってる人をバカにすつもりは無いので、その点だけは誤解がないといいなぁと思います。

      今、表現したいものがあって、それに悪戦苦闘しているのであれば、そのまま納得いくまで取り組んでいくのがいいです。人物についてもっと上達する必要があると感じるのであれば、人物の上手な描き方について学んで、描いていけばいいと思います。

      今、どんな状況で絵を描いているか分かりませんが、とにかく好きにやるのがいいと思いますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください