ブログ書くのは恥ずかしいし怖いけど頑張ってよかった話

こんにちは 似顔絵画家の やすし です。

今回は「ブログ書きたいんだけど、やっぱなんか抵抗がある」って人のために記事を書きます。

 

ブログって超恥ずかしいですよね?

僕はブログを始めて2年以上たち、だいぶ慣れてきたのですが、

それでもなんか恥ずいなぁと思うことがあります。

 

僕は本名でやってるし、プロフィールに顔写真も載せているので、

恥ずかしさや怖さは匿名でやるより倍増ですし、

もちろん文章力もありませんでしたので、誰も見んなよって感じでした。

 

そんな感じだったのですが、2年以上も続けることができ、

いいこともいっぱいありました。

そこで、今回の内容は

・ブログの恥ずかしさや怖さを克服する方法と

・ブログを続けて起こった良かったこと

について書いていきます。

 

昔の恥ずかしい記事を公開します

 

2018年8月30日にこの記事を書きているのですが、

もともとこの記事は

2016年11月4日に書いたものでした。

「ブログは恥ずかしい」ってタイトルで、とりあえず書いてみただけの記事で

あまりにしょぼい記事だったので、非公開にして封印したのですが、

今回その記事の内容も公開しても恥ずかしくないくらいブログに慣れたのでお見せします。

2018年11月4日の内容

 

こんにちは、似顔絵画家のやすしです。

なんかネットで集客しようと思って、ワードプレスブログを始めましたが

正直ブログ書くにきついです。

 

マメな性格じゃないので(飽きっぽい)

完璧主義なとこあるので、すぐこんなん書いたってねー

みたいになって、

更新する気が起き何のですが

 

でもそれだと何もならないので

なのでなんか適当に思いついたこと書くか作戦を始めたのですが

次の日になると何書いてんだ俺

みたいになって

 

恥ずかしいですね

 

地道に頑張ります

 

読み返すとなんか微笑ましい感じになります。

これを書いていた時は、とりあえずなんか毎日書こうとしていた時期でしたね。

よく頑張ってたなと思いますが、

でも、内容無さすぎです(笑)

 

僕のブログの他の記事(特に新しい方)を見てもらえばわかりますし、

今回の記事を読んでもらえれば分かると思うのですが、

え?この程度しか書けない人が、こんなに書けるの?

ってなるかと思います。

 

あと、自分ではさっきの昔の記事は恥ずかしい部類だったのですが、

ぶっちゃけ読んだあなたからしたら「そうなんだ。。へぇー」程度の感想ではないでしょうか?

自分では恥ずかしいって思ってても、読む人からしたら別に大したことではないんですよね。

 

ブログを抵抗なく書くコツ

 

無理に本名を名乗らず、ペンネームで始める。

僕は似顔絵の仕事の関係上本名で始めましたが、

抵抗ある人は無理に本名でやらないほうがいいと思います。

ビジネスをやる上では本名を公開するほうが良いようですが、

 

毎日続けて慣れる、誰もあなたに興味ない

慣れることが一番大事です。

とにかく続けていると、人にどう思われるかとかについてだんだん鈍感になってくるんですよw

もうどうでもええわっていう

最初のうちは誰も見てませんし、自分に興味ある人なんていないって思って続けるのが良いでしょう。

実際、人間っていうは自分にしか興味ありません。

 

誰かに向けて書く

ただ闇雲に情報を書くより、ちゃんと誰かに向かって書くという意識を持つのが大切です。

ちゃんとブログを勉強すると、必ずこのことが言われるのですが、

ちゃんと伝わる文章を書くためにもすごく大切ですし、

誰かに向かって書くということをやることで、

書けなくなるということがなくなるわけですね。

 

ちなみに、僕は誰に向かって書いているかというと、10年前の自分です。

10年前の自分のためになることをこのブログでは書いています。

なので、あんまり抵抗なくブログが続けられています。

 

自分のハートに蓋をしない

こんなこと書いたってしょうがない、、、

って思いがちだと、ブログってなかなか書けないです。

書き方によってしょうがない記事にはなってしまうのですが、

あなたの経験や知識は貴重なものなんですよ。

あなたという人は実は特別なんですよね。

あなたの当たり前は、他人からしたら当たり前じゃないんですよ。

あなたには大した情報じゃなくても、それが知りたいって人は沢山います。

心を開くことが大切です。

 

ブログと自分を切り離す

ブログで何かしらの結果を出すのであれば、

記事を書く際は、魂を込めて書く方がいいです。(適切な方法で)

ブログに書くことは、あなたが書く以上、あなたの心そのものです。

ブログとともに自分も成長していくというスタンスが、人生をより良いものにしていくと僕は思っています。

 

なんですが、

あんまり、自分とブログを一緒にしない方がいいです。

 

どういうことかというと、

ブログについて何か言われると、めちゃめちゃ傷ついてしまいます。

あと、自分よりブログのことわかっている人に、問題点を指摘された際、

素直に聞けなくなってしまいます。

 

ブログは自分の分身なのですが、

それでもブログはブログ、自分は自分と思っておいた方がいいでしょう。

結構イタズラで誹謗中傷のメッセージが来たりしますし

無視してるんですけど、結構きついですw

あと、自己流で頑張ってる人ほど、成果を出している人のアドバイスが聞けないという問題があったりします。

で、ブログになんやかんや言われてることなのに、自分自身が攻撃されたと錯覚してしまうんですよね。

この辺気をつけないと、成果を出しながら続けるというのが難しいかなと思いますね。

 

この自分とブログを切り離すって話、ブログ書いている人は全然言わないのですが、

僕なりに、実はすごい大事なんじゃないかって思っています。

ガンバてってもブログやめちゃう人って、意外とこれができないからじゃないかって、

 

「読者ハ読ムナ」っていう漫画家の藤田和日郎先生の本を読んで、

このことが大事だと知ったのですが、

先生が言うには

「自分から自分の描いた漫画をベリベリと引き離す作業が必要だ、でないと成長できない」

といったことをおっしゃっていました。

プロとして創作していくにあたって、承認欲求を克服方法いくのがいかに大事なのかが書かれていて

めちゃめちゃ面白かったのです。

 

ブログについてはブログの本とかライティングの本とかを読むのが一番いいのですが、

ブログも、読者に何かを伝えるという点においては、漫画と同じなので、

こちらの本も非常に参考になると思います。

 

ブログやってて良かったこと

 

2年間続けて僕のブログは月3万pvほどです。

1ヶ月に記事が3万回は誰かに見られているということなのですが、

正直少ないのです。

でも、初心者でブログにまだ抵抗があるって人からしたら

だいぶでかい数字かと思います。

 

もっとストイックに頑張れる人なら半年以内で3万pv以上はいっちゃったりするみたいですが、

まぁ競争じゃないんで、マイペースにやっております。

 

そこまで大したpv数じゃなくてもいいことは色々ありました。

 

収入になった

グーグルからペナルティを受けるらしいので、あんまり詳しくは言えないのですが、

今月はブログから8000円ほどの収入がありました。

少ないですが、正直超嬉しいです。

来月ブログを放置いていたとしても同じぐらいの額が入ると思います。

1000円でも超嬉しかったですね。(サーバー代が払える)

収入になるか半信半疑だったのもあって、今だに信じられないです。

これがもっと増えていくと思うとワクワクします。

 

仕事が来た

このサイトは似顔絵の注文も受け付けているのですが、

あんまり注文される仕組みを整備していないにもかかわらず、

ちょいちょい仕事が来ています。

最近は、すごいお金持ちの人から仕事の依頼が来て超ビビりました。

 

考えが整理され心がスッキリする

なんか普段心の中でもやもや思っていることが、ブログでは消化できるのがいいですね。

適切な書き方をすれば、それがお金になっていくわけなので、

良いことづくしだなぁと思います。

知識が定着したり、考える力がついていくのも良いですね。

ほんとみんなやった方がいいんじゃい?ぐらいに思っています。

 

未来に可能性が持てる

自分の将来に対して、あんまり期待していなかったのですが、

ブログで結果がで始めたことによって、可能性が広がって

なんかもっと面白い人生になりそうだなと感じています。

 

まとめ

 

僕のブログのスキルはまだまだなのですが、

マイペースなりに続けてみて、ほんとだいぶレベルアップしました。

ちゃんと勉強して、ストイックに続けていれば、もっとすごいことになるんだろうなと思います。

恥ずかしいとか怖いとか言ってやらなかったらすごい勿体無いなって思います。

 

一番の続けるコツを言うとしたら、「とりあえずやっちゃう」ってのが一番かなぁって思います。

この記事も2年近く前にとりあえず書いてみた記事が元になって出来てますからね。

(ちなみに字数は3700字ぐらいになってます。)

で、またなんか改良していくと思います。

 

完璧を求めずに、とりあえずやっちゃうことがすごく大事かなと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください