絵描きに貧乏はつきもの、事故物件に3年住んでみた感想

こんにちは、にがおえ画家のやすしです。

 

2013年4月から2016年11月まで

川崎市川崎区の月3万円の事故物件に住んでいました。

 

事故物件で3万だったんですけど

事故物件でなくても3万だろっていうレベルのとこに

3年住んでいました。

老人の方が孤独死した物件らしく、その陰で安くなったようです。

 

 

 

6畳と4畳半の2kで25平米ぐらいのアパートです。

ちなみに風呂無しです。

しかもエアコンがなかったので、ヤフオクで3万のウィンドエアコンを買うことに。

 

 

築50年であまり改装もしておらず、とにかく古い。

住んでる人もちょっとおばけレベルな感じでしたね。

訳あり老人か生活保護者か、そんな感じの人たちばかり住んでる感じでした。

でもみんないい人でしたよ。

 

そんな感じなで3万円の家賃で住めるとこって結構あります。

ただ、僕の住んでたとこは広かったので、

本来は5万5千円するはずのところを3万円にしてもらいました。

 

 

 

事故物件に住んだ経緯

 

フリーで似顔絵の仕事をするにあたって、

すごく僕を欲しがってくれた、イラスト関係の社長さんから

似顔絵通販の事業をするにあたって、ぜひ集中的に仕事をしてほしいということで、

武蔵野市から川崎市に引っ越すことに。

(今はその社長さんとお付き合いはないのですが)

で、物件探してもらった時に紹介されて、

安いから即決しました。

当時はこれから先うまくいくかわからなかったですからね。

なるべく生活費抑えたかったから、別にいいかと。

社長いわく、俺は霊感強いけど特に危険は感じなかったとのこと、、、

 

家賃は近かったので、不動産屋に直接払いに行っていたのですが、

一番最初に不動産屋のご主人から

「大丈夫だった、、?」

と言われましたw

全然大丈夫でしたね。

 

安いかどうかよりも快適かどうかの方が大事だよね

 

今は都内で6万円ぐらいの2kのマンションに住んでいます。

事故物件に住んでいた時よりもすごい快適です。

やっぱ風呂があるのはいいですね。

 

絵描きは貧乏が普通だと思いすぎて、

ほんととんでもないところに長い間住んでいたなーと痛感。

 

東京で6万のマンションなんて、安いし安いだけあってそこまでたいしたところではないですが、

3万円違うだけでも、ほんと天国と地獄かもしれません。

設備のいい綺麗な事故物件だったら、また住んでみたいですが、、、

事故物件無理に探さなくても、都内で安いとこはいくらでもあるので、

事故物件だったから、すごい得したとかいうのはないかも。

とりあえずお化けは出ないですよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください