SNOW(スノー)で撮った画像を送られてきて困る

こんにちは似顔絵画家のやすしです。

 

たまにスマホアプリ、「SNOWスノー」で撮られた画像を送られてきて、似顔絵を描いてください

ということがあります。

 

正直めっちゃ困ります。

 

だって、顔が犬とか猫になったものを送られるわけですから

もう訳分かんないわけです。

 

ちなみに写真で描くのと実際見て描くのでは、難易度が変わってきます。

写真より実際に見て描くほうがやりやすいです。

やりやすいということは、早く描きやすかったり、特徴が掴みやすいってことです。

似顔絵を描いている人でないと分からないと思うのですが、

簡単に説明すると、写真と実際に見て描くのとでは得られる情報量が違ってくるわけです。

 

例えば画像1枚と1分の動画とでは、写真はキロバイトだけど動画だとメガバイトになりますよね?

動画は写真より情報量が多いからそうなるのですが、

つまり、ものにもよりますが動画で見るほうが情報量が多いので描きやすいです。

芸能人を描くときなんか、写真も見ますがyoutubeで動画を見て色々調べたりします。

 

これが実際に見て描くとなると、また情報量が圧倒的に多くなるわけです。

その人の喋り方だとか、雰囲気だとか、場合によっては匂いだとか

視覚以外にも色々な情報が入ってくるわけです。

写真ではすごくイケメンだったり美女に見えた人が、

実際会って見るとそうでもないってことありません?

これは得られる情報量が全然違うからということで説明できると思います。

 

似顔絵を描く上では、現実のほとんどの情報は必要ないのですが、

写真では分からないものが色々分かるので、

よく見たら二重だったとか、笑うとこんな顔になるんだとか

そういうことですね、

なので実際に見て描くほうが描きやすいんですよね。

 

写真でも、描きやすい顔だったりするとすごくやりやすい場合もあり、

実際に見ても、自分が緊張していたりコンデションが悪かったりすると、

うまく描けなかったり、そういう例外はあります。

 

とりあえず写真から描くのは難しいわけなんですが、

これがSNOWスノーになると激ムズになるんですよね。

超能力者じゃない限り無理〜wです。

 

なので、似顔絵を写真から描いて欲しい場合は、なるべく分かりやすい写真をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です