絵が上手いという理由で似顔絵イラストを頼まれて困った時

 

こんにちは 似顔絵画家の やすし です。

似顔絵に関することについて面白いツイートがあったので、今回はそれを元に記事を書いていきます。

 

こちらのツイートのように

絵が描けるというだけで、似顔絵を頼まれる、または「簡単な絵でいいからちょっと描いてよ」とか言われた経験はないですか?

てか今まさにそうで、似顔絵頼まれたけどどうしよう、、

気軽に絵を描いてとか言われて、なんかムカつく

という状況ではないでしょうか?

 

このブログを読んでいるということは、ちょっと抵抗があるなと感じていると思います。

この悩みが解消できるような内容を書いていきます。

 

似顔絵を断りたい心理

まず、あなたが断りたい理由を分析すると

 

・人に提供出来るような納得いくものを作るのは時間がかかるし面倒

・本当に簡単にやって、できが悪かった時に微妙な反応をされるのが嫌

・大したことない人と思われるのが嫌

・安く見られているのがムカつく

 

 

絵が上手いんだからなんかちょっと描いてよ、と言われるのは

巨乳というだけでおっぱいをちょっと触らして

と言うようなもんですからね。

 

才能のハラスメント スキルハラスメント スキハラ と言った方がいいのかもしれません

 

ですがちょっと落ち着きましょう。

言った相手は悪気があるわけではないのです。

 

あなたも目の前にお笑い芸人がいたら、一発芸やって欲しいじゃないですか?

それをつい言っちゃっただけのことです。

 

やりたくなかったら断るのが何よりです。

でも、やったらやったでそのコミュニティの中で一目置かれたり、雰囲気をよくすることは出来るでしょう。

 

似顔絵を描くメリット、デメリット

どうするかはあなた次第です。

ざっとメリットデメリットを書いてみます。

 

・やった場合のメリット

尊敬される、感謝される、場を盛り上げる

 

・やった場合のデメリット

微妙な反応をもらう恐れがある

また頼まれる。そしてまたタダで、断ると文句を言われたりがっかりされる

 

・やらなかった場合のメリット

 

・やらなかった場合のデメリット

なんかケチな人だと思われる。お高く止まりやがって的な

 

これはあくまでそういうことあるかもよ程度のことです。

 

まとめ

「自分のこと良く見られたい」

という心理が根底にあるから今回のことで頭を悩ませているのだと思います。

なので、「自分のこと良く思われなくてもいいや」と思ってみるのが大事なのかもしれません。

 

あと、頼んでいるひとは本当に大したものを求めてない場合があるんですよね。

絵をずっと描いていると、絵の素人の感覚が全くわからなくなりますが、

 

僕も飲みの席で、素人相手に似顔絵を描いたことがあります。

しかも、ろくな画材もない状況で描かなければならず、ろくなものができないことは確定しているにもかかわらず描いたのですが、

 

素人の人に絵を見せると、

まるでジャングルの未開の部族にスマホを見せたのと同じぐらい驚いたりします。

ので、必要以上にプレッシャーを感じなくていいかもしれません。