似顔絵と老荘思想(見えなくて、取るに足らないモノの力)

 

こんにちは、似顔絵画家のやすしです。

今日は老荘思想と似顔絵について書いていきます。
ちょっと自分には身の丈に合わない話をするかもしれません(笑)

老荘思想とは古代中国の老子とか荘子の教え、みたいなやつです。
道教とも呼ばれます。

知らない人は今までの価値観ぶっ壊されるので、ぜひ知って欲しいですね。

まだまだ自分はダメだ、もっと上を目指さないと、
と思って頑張っているのに満たされないと感じる人や、
自分には何の取り柄もない、、、と思って落ち込んじゃう人には、
非常に良い教えだと思います。

「老子」とかで検索すれば教えについて分かりますが、
中田敦彦さんの動画がとっつきやすくて分かりやすいかもしれません。

老荘思想の中核をなす、「道(タオ)」という概念があるのですが、
これは、「何もないからこそ、全てあがる。見えないからこそ、大きな力を持っている」みたいな考え方です。
仏教の般若心経みたいなやつですね。

似顔絵で大切な「パーツの関係性」も
見えるようで、見えません。
最初のうちは、やっぱそんなに重要じゃないんじゃない??
と、つい思ってしまいます。

だけど一番重要である点において、
老荘思想に通じるところがあるな、、と思います。

似顔絵を描く際、つい目に見える形に囚われすぎて、
目に見えないものに意識が向きません。
似ないと、ついつい描き込んで、無理やり似せようとしてしまいますが、

「パーツの関係性」を捉えてないと、いくら描き込んでも、全然似ません、、、、

似顔絵を自己流で頑張って描いていると、
「パーツの関係性」という「見えないんだけど非常に重要なもの」を
ついつい見落としてしまうので、気をつけて欲しいですね。

で、究極言うと似顔絵は別に似てなくてもいいんだよ、、、と
僕は思っています。

これは老荘思想にも当てはまります。

全然似てなくて、絵もめっちゃヘタクソだからこそ、
めっちゃ面白い!!!!めっちゃウケる!!!!!

という場合もあるわけですね。

なので、無理して似ている似顔絵を描くために「パーツの関係性」をとらえる必要もありません。

似ておらずとも、相手が喜べばそれでいいわけですし、
自分でこれが良いと思ったのであれば、それが良いわけです。

で、めっちゃ絵を描く技術があって、天才的な似顔絵を描いたとしても。
絵を見る人の中には、その能力を評価するよりも
こんなふうに描くなんてひどい!!!なんて悪意のある人なんだ!!!!

と思われることもあります。

うーーーん、、やっぱ自分には才能ないかなぁ、、、
と思っちゃっていたとしても、そういうのに囚われないでいる方がいいと思いますね。

 


似顔絵が最速で上手くなるトレーニング方法を教えます!

 

プロの似顔絵画家として10年以上活動し、描いた人数は1万人以上。

似顔絵だけで月に40万円以上の収入を得たことがある僕が、無料で「最速で似顔絵が上手くなる方法」についてメルマガで解説いたします。

 

似顔絵の描き方以外にも

・ブログでは書けない似顔絵の世界の話
・絵でお金を稼ぐ方法
・絵に役立つ本を紹介して解説
・好きなことを仕事にすることの研究

などの内容をメルマガでは発信して行きます。

 

今なら、無料でメルマガ読者限定で似顔絵の相談についても受け付けております。

メルマガ登録後、メルマガへご返信ください。

 

やすしのお絵描似顔絵教室







*登録後、すぐにメルマガの通知が届きます。迷惑メールに扱いになる可能性があるので、メルマガが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

メルマガが不要になった場合は、簡単に解除できます。