もう絵を描くの嫌だ!!上手くイラストが描けなくて辛いと思っている人に伝えたいこと

 

こんにちは、似顔絵画家の やすし です。

 

今日は「絵がなんか上手く描けなくて、嫌になっちゃって辛いわ」と思ってる人のために記事を書きます。

絵を描いていると、全然楽しくなくなってきたり、自分には才能ないのかなぁと思ってしまうことが多いと思います。

 

僕も正直、自分に才能が感じられず何度もやめたいなぁと思っています。

好きで、楽しくて始めたことが苦行になっていくのは

なかなか悲しいことですよね。

 

絵のプロと活動している僕も、なんとかこの悲しいことをしのいでいます。

僕も色々悩んでいるので、僕なりに力になれそうなことを書いて行きますね。

 

 

絵を上手く描こうとすると辛くなる

 

せっかく好きで始めた絵が辛くなるってどういうことなのでしょうか?

原因の一つに「上手く描こうとするから」

ってのがあるかなぁと思います。

 

上達して行くためには、上手く描こうとしていかなきゃいけないのですが、

それに囚われて行くと、だんだん辛くなってきますよね。

辛いということは、成長していっているということでもあるんですよね。

上手くなりてぇ、表現力あげてぇって思っているのであれば、

その辛い気分は頑張ってる証拠だと言えます。

 

ですが、

一番不幸なのが、承認欲求をこじらせて

なぜか上手く描かなきゃいけないという考えになっちゃって

辛くなること。

 

誰かに下手くそと言われて、なーんかムキになって上手く描こうとし出してしまう。

そして上手く描けないと、自分はダメだぁ、才能ねぇって

ドツボにはまって、描くのが嫌になっちゃうんですよね。

 

絵が上手くなるってのは、あくまで手段のはずなのに、

手段が目的になっちゃって、上手い絵を描くためだけに絵を描こうとしてしまう。

そうなっちゃうと楽しいですか?

全然楽しくないですよね?

上手くなりたいけど、ただただ辛いわって人は

このように手段を目的化しちゃってるんだと思います。

 

こうなると努力がどうのこうのじゃないと思います。

自分が何のために絵を描くか考え直し、

自分を受け入れる強さを身につけていく方がいいかも知れません。

 

あと、「上手さ」ってことは一つの価値観に過ぎないってことも知っておくといいと思います。

「下手」でも良いものはあるわけですね。

辛くて描けなくなっているときは、自分の価値観がコチコチになっていると思うんですよ。

努力でなんとかするより、視野を広く持った方が良い場合があると思うんですよね

 

 

他人の絵と自分の絵を比べると地獄

 

向上心があると、

憧れの絵描きの人の絵と自分の絵を比べてしまい、

逆に描くのが辛くなってしまうものです。

 

絵が上手い人はたくさんいるし、

こいつ天才か!!?って思っちゃうような人もたくさんいます。

で、そういう人たちと自分を比べ始めたら地獄ですw

 

比べ出したら、自分が絵を描く意味なくなっちゃいますね。

だって、上手くて才能ある人はたくさんいるわけだから、

自分が絵を描く必要性とか意味は全然ないわけですからね。

 

自分がすごいと思っている人の絵を思い浮かべて見てくださいよ。

その人の絵と自分の絵を比べると、

自分が小さく思えませんか?

 

落ち込んじゃうだろうけど、

でも、落ち込む必要はありません。

どんな人も誰かに憧れを持っています。

 

でも、でもですよ、

 

でも、憧れの人を超えた人って

多分いないんじゃないかなぁ?

 

お金とか、社会的評価とかで、結果としてその憧れの人を超えた人もいると思いますが、

当の本人は、「いや、あれは、あの人は超えられない、、、」

みたいに言っている事が多いかなぁ

クリエイターのインタビュー見てると、そう言ってる事が多いですね。

 

なので、誰かに憧れを持つことはいいことだと思いますが、

超えるとか、近づくってことにとらわれない方が、いいんじゃなかなぁって思います。

あなたはあなただから、、

自分を超えるぐらいがちょうどいいと思います。

 

失敗しないように絵を描こうとする地獄

 

上手くなろうとか、あの人みたいなりたいっていう理想を持つと

必ず思ってしまう

「失敗したくない!!」っていう気持ち。

こいつが厄介です。

 

「失敗しないように、失敗しないように、失敗しないように、、、、」

 

って思っていると、

 

他人の目が気になって気になって、、、

自分の目も気になって気になって、、、

身動きが取れなくなり、絵を描くのがどんどん辛くなる。

 

つまり完璧主義というやつですよ。

凝り固まった価値観と、理想のせいで、

チャレンジができなくなっちゃうんです。

絵っていうのはチャレンジ精神そのものなとこあるので、

チャレンジ精神なく絵を描こうもんなら、そりゃ辛くなって当たり前かなぁ

 

似顔絵って失敗しないんですか?

 

僕は似顔絵の仕事をよくするのですが、

「似顔絵って失敗しないんですか?」ってよく聞かれます。

「似顔絵ってどこ見て描くんですか?」ぐらい多く聞かれます。

 

正直に言いますと

 

失敗します(T ^ T)

 

全然似せられない時とか、全然魅力を感じない絵になっちゃう時とか

挙げ句の果てには、

今まで自分が描いた似顔絵って全部失敗だったんじゃないか?とさえ思うこともあります。

 

なのですが、

自分が絵を描いた手応えと、受け取った人の反応は意外と関係がありません。

どういうことかと言いますと

失敗だったなぁと思っても、普通に喜んでもらえたりするんですよね。

逆に、上手く描けた!!って思っても、反応が微妙な事があります。

 

つまり

評価っていうのは、自分じゃどうすることも出来ないわけですよ。

自分が思っていることと現実は違う事が多いわけですね。

 

自分の評価に囚われるのは勿体無いかもしれません。

 

まとめ 絵の成功と失敗は選べないし、気分で変わるもの

 

上手く描けなかった、、と思ってた絵をしばらくたってから見ると、

結構いい絵じゃんって思えたり、

上手く描けた、、と思ってた絵を後からみると、

二度と見たくないと思っちゃったり、、

 

「人間万事塞翁が馬」ってやつかもわかんないですね。

言葉の意味がわからなければ、調べといてください。

要は、「失敗は成功の元であり、成功は失敗の元である」みたいな意味です。

 

今、絵が上手く描けない、絵を描くのが楽しくない、辛い

って思ってるのなら、成功と失敗にとらわれすぎない方がいいんじゃないかなぁと思います。

 

自分の絵の出来にこだわりすぎない方がいいと思うし、

成功しようと思っても、どうせ失敗するし、

失敗だと思った事が、成功だったりするわけですからね。

 

なので、評価から解放されて、リラックスした方がいいわけですよ。

 

補足 絵は忘れられない異性みたいなもん

 

色々と、描きたくねぇなぁ、でもなぁと悩んでいると、

たまに、

あれ??俺って、本当に絵を描くの好きなの???

って思っちゃうことがあります。

 

もう絵を描くのやめた方がいいんじゃない??

 

って思うのですが、

まーーーーでも辞められない。

なぜか

 

他のことすれば?って思うけど、

いや、他のことよりまだ絵の方がマシ

ってなっちゃって、

 

こうやって描くのが辛くて悩むってことは、

好きな異性がいるのに、全然見向きもされなくて辛い

ってのに似てるなぁーと思います。

あとは別れを切り出したいけど、なかなか別れられないカップル

みたいなもんかなぁと思いますね。

 

もしかすると、嫌になっちゃったら

辞めるのが1番なのかもしれません。

 

でないと、キモいストーカーか

ヒモのDV彼氏がいる状況で幸せを演じているバカ女

みたいな感じになっちゃってますよね?

 

で、結ばれるか復縁できるかできないかは

運命に任せた方がいいかもわかりません。

運命に任せるのが一番楽ですよね。

こだわると、、つらい、、、

 

でも、あなたの場合は

やっぱり「描く」しか、ないんじゃないかな??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください