僕が似顔絵画家になった話

こんにちは似顔絵画家のやすしです。

 

似顔絵画家になるのは結構かんたんで

 

どこでもいいので人が集まるところへ行き

フリマとかいいですね

 

似顔絵描きます!!

 

とやればなれます

学校へ行ったり、才能も必要ありません。

かなり乱暴な話ですが、、、

シンプルに考えるとこうなっちゃうと思います。

 

必要なことがあるとすれば

絵が好きで、そこそこ絵を描いてきたぐらいの経験は必要でしょうか。

さすがに全く絵を描いていない人にはオススメできません。

 

あとは責任を持ってやれば、なんとかなります。

 

地道に努力して行動を起こしていれば、道は開けて行くと思います。

というか世の中の大抵のことは、地道に努力すればなんとかなるんでしょね。

 

結構乱暴なこと書いていますが、、、

気合いや、気持ちとかが、やっぱ大事なんですよね。

とは言っても僕はそんな根性のない方なので

僕でもできるから、頑張ればみんななれるんじゃないかな??

僕が絵だけで食えちゃった話

 

僕が東京に来て似顔絵画家になって、ほぼ絵だけで収入を得てから

かれこれ2017年現在、7年目になります。

 

似顔絵は学生時代から始めていたので、

2005年からだから、一応画業は12年(改めて考えるとすげーな)

学生の頃は月3万から5万だったような

京都のいろは出版というところの似顔絵事業部wold1というところで

学生の時働かせてもらった。

友達の紹介という形で、、、

そん時はなんだかんだでうまくいかず辞めることになったのだが

(かなりコミュ障だったので、トラブってしまった)

もともと人と接するのが苦手な方だったので、

絵でお金を稼げるとはいえ、接客するのがかなり苦手だった。

絵が似てなかったり、お客さんの反応がイマイチだったり

お客さんが来なかったりすると

そして売り上げ悪いぞどういうこった???💢と言われたりする

となると

かなりの精神的ダメージを受けてしまうので

メンタルの弱かった当時はとても続けられなかった。

正直言うと、このころの経験がかなりのトラウマとなってしまい

楽に死ぬことができたらいいなぐらいの心境だった。

絵を描くことも嫌になったし、かといって普通に働くことはもっと嫌だったので、

将来の進路希望としてはあの世かニートがいいな、、、

みたいな

そんな感じで在学時代にろくに就職活動もしなかったので、

内定を取ることもできず卒業

 

そしてなぜか東京へ行き

知り合いの家に居候

派遣のバイトとか運送業者の仕分けのアルバイトをしばらくし

このままではやっぱダメだろと思い

自分が今できることをやってみようと思い

上野公園へ行って、

そこで描いているおじさんたちに

似顔絵の仕事がしたいんだけど、どうすればいいか聞いたところ

星の子プロダクションというところを紹介してもらった。

で、面接に行ってそこで働かせてもらうこととなり。

またうまくいかないんじゃないかと思っていたが

意外となんとかなった。

そん時の収入が月10万から20万だった。

収入は歩合なので、描かないと稼げない。

で、全然稼げない月が発生したりする(2月とかがやばい)

で、稼げてもせいぜい20万ぐらいという、、😭

10万円いくかいかないかという月がざらにあったので、

金やべーなという時は派遣のバイトしたりしてなんとかしたりした。

 

で、そこも3年ぐらいで辞めて

フリーで活動し

ネットの似顔絵通販とかイベント会社から仕事をもらい

だいたい月25万から30万の収入を得ている。

もっと稼がないとなとは思っているけど、

今の所ちょうどいい感じで生活しています。

 

なんとかなるもんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です