絵やイラストが下手から上手くなる瞬間は「いつ」なのか?

 

こんにちは 似顔絵画家の やすし です。

 

絵を描いていると、

絵が上手くなりたい。でも「いつ」になったら絵が上手くなるんだ??

と思ってしまうものです。

この悩みをこじらせると、先の見えない努力に疲れ果て、ただただ絵を描くことが苦しいということになってしまいます。

 

絵が上手くなるには時間がかかりますよという話を他の記事で書いていますが、

 

今回は、下手から上手くなる境目の話について書いていきます。

どれくらい上手くなったら「俺は絵が上手い」と言えるのか?という感じの話です。

 

で、絵が上手くなりたい!!と強烈に想い、適切な努力していけば、

必ず上手くなると言い切れるのですが、

 

絵が上手くなりたいと思っているうちは絵が上手くならない

という話もしていきます。

 

自分が感じていることをただ書いているだけなので、ちょっと歯切れの悪い記事になってるかなという感じなのですが、(外面的な話と内面的な話が入り混じっていてちょっとややこしい、、)

絵が上手くなるって、こういうことなのかなぁ、、という

絵を描いている人(絵が上手くなる人)って、こんな感じのこと考えてんだ、、ということはわかる感じの記事かなぁ、、と思います。

 

 

絵が上手くなるってどういうこと?

絵って、答えがハッキリしたものでは無いですし、

免許とかも無いんですよね。

 

レベルというものを図ろうにもよく分からないものなんですよ。

もし、レベルを図るなら「実績」を作って行くしか無いです。

なんか賞を取るとか、美大に受かるとか、snsで評価されるとか、実際に仕事にして年数を重ねるとか、

結果というものを出すしか無いわけです。

 

で、僕はこれらのことをいくつか経験しています。

似顔絵のプロとしても10年ぐらいやってますからね。(10年か、、、)

ずっと絵を描いてきたし、それでお金を稼いでいるし、人から絵が上手いと散々言われてきたので、絵が上手いと言っちゃっていいのかもしれません。

なんですが、、

 

絵が上手くなったってあんまり感じません。

いやぁーー、、俺って絵が下手だなぁと今だに感じています。

たまに絶望的に絵が下手だと感じます。

絵が上達すればするほど、自分ができない事があまりにも多いことに滅入ってしまいます。

 

よく、「絵が上手いですね」とか「絵が上手い人羨ましい」

とか言われるんですけど、

「そうですね。僕絵が上手いんですよ」

と、なかなか言いづらかったりします。

 

僕より絵が上手い人も、俺はまだまだだとか言っちゃってますからね。

一生絵が上手くなることはないのかもなと最近は感じています。

葛飾北斎も晩年、後10年あれば絵が上手くなれるのに、、、

みたいな言葉を残しています。

葛飾北斎がそんなこと言い出しちゃったら、俺が絵が上手くなるとか無理じゃんって感じですね。

 

変な話なんですけど、絵が上手い人、絵が上手くなる人は、一生絵が上手くなったと感じることはない

かもしれないんですよね。

上手くなる人は、飽くなき探究心、向上心があるために

「俺って超絵が上手いわ、天才だわ俺」ってなかなか思えないわけですよ。

 

 

なのですが、じゃあどうしようもなく下手なのか?と思っているかと言うとそうではないです。

僕なんかは素人の人とか子供に「変な絵w」「下手くそ」とか言われると、ムキぃー!!ってなったりします(笑)

じゃあ、上手いと思ってるんじゃんって話なのですが、、、(笑)

 

言いたいこととしてはですね。絵が上手い人、絵を描いている人の感覚ってのはこんな感じですよってことです。

そうじゃないって人もいると思うけど、僕の場合はそうです。

ドラクエみたいに、レベルアップの音がして、変化を確実に感じられるものではなかったりするわけです。

全然上手くならないと感じるのであれば、それが普通です。

 

絵は感じるもの

画力の成長を表すグラフ。絵以外の他の分野でも人が成長するというのはこういうことだったりします。

 

絵が上手くなるって、なんか幻想を追いかけているところがあるのですが、

ちゃんとずっと毎日描いていると、ある日突然絵が上手くなる瞬間というのはあるはあるんですよね。

上にある図のように、ちゃんと努力をしていれば、出来なかったことが、ある日突然出来るようになり、上達したとハッキリと分かる事があります。

周りも「上手くなったなぁ」とか言ってきますからね。

自分で成長を実感し、周りも評価してくれるようになれば、「絵が上手くなった」ということは言えます。

 

ですが、内面の方に目を向けてみると「絵が上手くなったのではなく、絵が上手くなったと感じる瞬間」です。あくまで「感じる」だけなんですよ。

絵が上手くなっても、時間が経つと「それが出来る事が取るに足らない事のように感じるようになる」と言うか、大したものに感じなくなったりします。

成長を実感し、やっぱ俺って絵の才能あるわぁーと感じていたかと思うと、だんだん、俺、やっぱ大したことないわ、、絵が下手で嫌になる。と思ってしまうわけですね。

 

つまり、絵というものは、基本的に感じるものなので、

上手いと感じたら、上手いのかもしれません。

下手だと感じたら、下手なのかもしれません。

 

人間以外の動物に超上手い絵を見せても、なんのこっちゃ分からん と感じていると思うんですよ。

絵を見せて泣き出す動物って人間以外いますか?動物って鏡には反応するけど絵には基本無反応ですよね?

この間、何気なく描いた絵を机の上に置いていたら、猫がその上に乗って寝てましたからね。

猿とか像とか、なんか絵を描けちゃう動物はいるみたいだけど、モナリザ観せても「ふーん、これ美味しいの?」って感じだと思うんですよね。

え?あなたもモナリザ興味ない??

 

そういう風に考えると、

「物」があるからそれを「感じる」ことが出来るのではなく、「感じる」ことができるから「物」がある

ということなのかもしれません。あ、何言ってるかちょっとわかんないですね。

 

あくまで絵が上手くなるというのは、感じたり思っちゃうだけのことなので、

絵が上手くなりたいけど、上手くならない、いつになったら上手くなるんだ?

と感じるのであれば、俺って絵が上手いと「感じさえすればいい」だけなのかもしれません。

 

いやいやいやいやいやいや、できるわけないやんって感じると思います(笑)

でも、絵が上手い人になるメカニズムを厳密に言うとそういうことだと思うんですよ。

世界中の人にあなたの絵が下手くそだと言われても、自分が絵が上手いと思っていれば、

あなたは絵が上手い人なのかもしれません。極論を言うと、、、、

 

いつになったら絵が上手くなるんだろうという悩みを解消したい。

とどのつまりこの話って、実際にテクニックを身に付ければいい話ではなく「自信」の問題なのかもしれません。

「自信」さえあれば、この「いつになったら俺は絵が上手くなるんだ?」という悩みは解決します。

 

もしあなたがこのことで悩みまくっているのだとしたら、

自分が「絵が上手い人間だという前提のもとに絵を描けばいいだけ」なのかもしれません。

それか「絵が下手でもいい。だって下手なんだから」と自分を受け入れるか、、、

それだけの話だったりするかも、

それか、考えても無駄だから、そんなこと考えている暇があったらとにかく描きなさいみたいな話かな、、

 

 

ちなみに、絵の上手い下手って判断するのが難しいとこがあるんですよね。深く考えると厄介なんです。

その辺については、上手くまとまってないけど以下の記事に書いています。

上手な絵描きなんて存在しない!?漫画やイラスト表現の上手い下手議論の不毛さについて

 

まとめ 自信が大事

 

この自信って超大事だと思うんですよね。

自己満で調子乗ってればいいの?それってただ単に痛いやつじゃんって思うかもしれませんが、

テクニックを身につける前に自信って超大事だと思います。

 

自信とか謙虚さとかの話って説明がめんどくさくて難しいので、今回はあまり深掘りしませんが、

僕がここで言いたい自信は「自分を受け入れていることと、自分なら大丈夫、なんとか出来る」という意味です。自分のことを無理に勘違しろという意味ではありません。

こういった自信がないと、何もできません。

最初に言った、実績も作っていけないと思いますね。

 

武道の話で聞いた事なんですが、

「強くなりたい!!と思っている奴ほど弱い。強くなりたいと強烈に思っている奴は、自分の弱さに縛られている。自分の弱さに縛られている者は真に強くなる事はない」

という話を聞きました。

 

これって絵でも言えるじゃん、、、って思ってしまいまい。

かなり胸に刺さりました。やっぱテクニックの前にメンタルが大事なんかなぁと。

 

ライブペイントをしている人たちを見ると、すげーな、よく出来るなと思ってしまいます。

今の僕は、自信なくてライブペイントやりたいって思えないんですよね。あと、めんどくさそうだし。

ですが、今よりはるかに絵が下手だった小学生の僕はライブペイントをしたことがあります。

 

みんなの前で、黒板に恐竜の骨格図を描いた事があるんですよね。

描いてる時は、俺は天才だと思っていました。

今よりはるかに下手なのに、今よりはるかに自信があったんですよね。

 

絵のテクニックを身につければ身につけるほど、

あの頃より自信なくなっちゃった(笑)

なんということだ、、、、って感じです。

 

今よりはるかに絵が下手だった頃の方が、今よりはるかに自分は絵が上手いと思っていたので、

なんなんだこのパラドックスはという、、、

絵が実際上手くなるよりも、自分が絵が上手いんだという自信を持つことの方がはるかに難しいのかもしれません。

 

絵を描くことについて、自信がけっこうなくなっちゃったのですが、

でも、今僕が絵の仕事をしているのは、なんだかんだで自信があったからだと思います。

「俺だったらこの仕事上手くいくっしょ。むしろ出来なきゃおかしい。」って気持ちで初めました。

やっぱりなんか自信があったんだろうなと思います。

でも、プロになりたての頃の絵を見るとド下手クソです。よくこんな絵で仕事できたなと、、、

なので自信を持ちましょう。

 

 

自信が持てた時が絵が上手くなる時かもわかりません。

いつかそう想える時がくるかもしれませんし、今そう想うことは出来るのかもしれません。

 

自信について良いツイート見つけたので貼っておきます

 

 

 

ps

あと、上手い下手にとらわれてると、やっぱ良い絵は描けねーわなと思います。

自信がついているときは、上手い下手とかどうでもいいわってなってる時かなと思います。

 


似顔絵が最速で上手くなるトレーニング方法を教えます!

 

プロの似顔絵画家として10年以上活動し、描いた人数は1万人以上。

似顔絵だけで月に40万円以上の収入を得たことがある僕が、無料で「最速で似顔絵が上手くなる方法」についてメルマガで解説いたします。

 

似顔絵の描き方以外にも

・ブログでは書けない似顔絵の世界の話
・絵でお金を稼ぐ方法
・絵に役立つ本を紹介して解説
・好きなことを仕事にすることの研究

などの内容をメルマガでは発信して行きます。

 

今なら、無料でメルマガ読者限定で似顔絵の相談についても受け付けております。

メルマガ登録後、メルマガへご返信ください。

 

やすしのお絵描似顔絵教室







*登録後、すぐにメルマガの通知が届きます。迷惑メールに扱いになる可能性があるので、メルマガが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

メルマガが不要になった場合は、簡単に解除できます。