素人に絵が下手だと言われることよりキツイこと。世間の厳しい目の乗り越え方

工事中

 

こんにちは、似顔絵画家の やすし です。

 

今回は素人に絵が下手だと言われたときの、気持ちの持ち方について描いていきます。

素人の評価って一番怖かったりするんですよね。

 

絵を描いていると、絵を描いていない人からも

なんかマイナスなこと言われたりします。

マイナスなこと言われると、素人の意見でもがっかりします。

 

 

で、オメーに何がわかるんだよってなっちゃうのですが、

でも、相手は素人であるがゆえに、

分かってもらおうとしても、全然分かってもらえない。

 

たまに道場破りみたいに

お前より絵が上手く描けるみたいに言ってくる人もいますからね。

全然描けないのに。

 

超めんどくさいし、エネルギー使う割には

何もないですよ。

 

謙虚さって大事だけど、素人の意見やアドバイスってのは

余計なお世話であるがゆえに、ほとんどがノイズのようなもなので、

無視しちゃったほうがいいのですが、

でも、全く耳を貸さずに本当にダメなものを作ってると、仕事にならないので、

僕が経験してきたこととか、対処法について書いていきます。

 

この人みたいに描けないの?ムカつくパターン

 

フリーになってから、友達の画家の誘いで、

絵のこと全くわかってない社長さんの似顔絵のお店で働いてたことがあるんですよ。

で、その全く絵のこと分かってない社長さんに言われたんが、

 

「あの売れてる画家さんみたいに描いてくれないかな?」

ってやつ。

 

まー、これ超ムカつくパターンなんですよね。

 

ま、そもそもイラストレーターってのはクライアントが望むような絵を

描かなきゃいけないので、その社長の言うことは間違いではありません。

 

なのですが、

できるなら、お前に言われるまでもなくやってるわ!!って感じだし、

無知な奴ほどそういうこと平気で言ってくるので、それが余計ムカつくというわけです。

じゃあお前、スティーブ・ジョブズや孫正義みたいになれんのかよって思っちゃいますよね。

 

こういう時は、見返すか、相手にしない方がいいです。

相手にしないってのは、負けた感あるけど、

無理して認められても、めんどくさいだけだったりもしますね。

 

努力して、見返すってのもあるんだけど、

俺のアドバイスで良くなったみたいなことも言われるから、

見返しても結局ムカついたりする。

他に仕事があるなら、無理に合わせる必要はないと思う。

相手は無知だし、やっぱ合わないものは合わない。

 

今は全くその社長さんとは取引してないし、

社長さんが言っていた「あの人みたいに描いてと」のあの人も

その社長とは取引してない、、

 

単純に売れないってのは一番きついかも

 

下手だの、変な絵だのと言われるよりもきついことは

絵が売れないことなんですよね。

 

色々考えたけど、やっぱこれが一番きついかと思います。

絵が売れないってのは、お前の絵なんかいらねーよって言われてるもんですからね。

 

自分より人が売れてたりすると、結構ショック

普通にあることなんだけど、自分より才能ないと思われる奴が

自分より売れてたりすると、余計ショックなんですよね。

そんなに嫌なのか俺の絵ってなっちゃうんですよね。

 

 

僕が似顔絵で経験したこととしましては、

なんか現場によって3人以上の画家がお店に出るとこがあったりするわけですよ。

で、繁忙期は混むんですけど、

画家それぞれ、似顔絵のサンプル出して、

お客さんはそれ見て、どの画家に描いてもらうか判断するんですけど、

でも、人が別の画家のとこには並ぶけど、自分のとこには来ないみたいな

で、画家3人いたとして、真ん中にいると

自分のとこから見ると、モーゼの奇跡みたいな状態になるわけですよ。

 

自分がこういう目にあうとかなりきついんですわ。

一度そういう状態になっちゃうと、新しく並ぶお客さんも

自分のとこに並びづらくて、並んでくれないという悪循環が起こったり。

 

自分の絵に対して満足できていないんだったら、まだ納得して

下手だからしょうがないかなと思えるにしても。やっぱ精神的にきつい

自信のある絵でも起こるので、どう立ち直ればいいのやら

 

 

10週打ち切りのジャンプの連載の方がきついと思うけど、

まー、一生懸命書いた絵が評価されないのはきつい。

 

だってそこに人がいるんですもん

 

だって、人が、俺の絵見て。

これじゃないって顔をしてるわけですよ、

これはきついよね。

 

ダメのもの作っているのならしょうがないけど、

同じ仕事をやっている人らにも評価されているのに、

全くダメだったりってのは余計きつい。

 

尖っていて新しいものは売れない法則

 

でも

良いものは、最初は売れない法則ってのがある気がするんですよ。

新しいものや、すごいものって

なかなか受け入れられないんですよね。

まー、世間を見渡せばよくあるんじゃないですか?

 

似顔絵描いている人たちで言えば

僕が才能あると思った人は、全然売れてなかったんですよね。

そこそこ売れてもトップじゃねーなという感じ。

 

一般の人には、尖った個性よりも

無難な感じの方がウケけやすいんですよ。

下手だったり、なんかつたないと、なんか可愛くなったりもして、

そういうのがウケやすかったり。

 

才能があるがゆえに売れないということもあるんですよね。

自分の絵が人にウケないときは、そう思って見ても良いでしょう。

 

でも、こういうこと言いすぎると、売れてるものはダメなものなのか?

ってなっちゃって、あんまりこういうこと思いすぎるのも良くないですね。

売れてる人は、需要に見合った才能をはっきしているわけですからね。

売れてるものが、センスなくて、つまんなくて、ダメなもの

というわけでもありません。

 

 

で、才能あるけど売れない人たちって、

時間をかけて自分に合った環境を作っていって成功してるんですよね。

似顔絵でいうと、普通にイラストレーターの方に行ったりとか

 

 

本当に自分の絵がダメな場合、どう気づけばいいのか?

 

上手くいかなくても、それは逆に才能があるからだということを書きましたが、

これには落とし穴があって、

自分の絵が本当にダメなもんかもしれないですよね。

ダメなのに、自分は才能がある。いつか認められると思っちゃうことほど

不幸なことはないかもしれません。

 

似顔絵や絵に限らず

こういうことは、よくあることなんですけど

 

こういうことに陥らない方法としては、

いい友達を持てば、良かったりします。

自分と同じように頑張ってて、

ちゃんとした意見を言ってくれる人。

それか、尊敬できる人といい関係を持つこと、

 

そういう友達を持つことができると、変な迷路に入らなくて済むかもしれません。

 

え?そもそも友達がいない??

おすすめ記事

プロの感想と素人のアドバイスは聞くな!?絵の仕事で陥りやすい落とし穴について

上手な絵描きなんて存在しない!?漫画やイラスト表現の上手い下手議論の不毛さについて

絵が下手と言われても落ち込むな。大きなお世話なアドバイスや素人の無知と偏見と誤解に対する対処法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です