鉛筆やシャーペンこそ最強の画材である。アナログイラスト初心者は鉛筆画から絵を極めよう

 

こんにちは 似顔絵画家のやすし です。

 

僕が一番好きな画材、それは高級な絵の具や筆でも、最新の液タブやフォトショやクリップスタジオでもありません。

 

それは「鉛筆」です。シャーペンでもいいですが、

まず言っておきます。「鉛筆」こそが最高の画材です。

 

なぜか絵の初心者に限って、アナログ画材一式とか、デジタルイラストを描くのに必要なPCとか、大層な道具を揃えないといけないと思ってしまうのですが、

鉛筆で十分です。

まずは鉛筆でコピー用紙とかスケッチブックに完成度の高いイラストや模写を描くことを目指しましょう。

 

道具が揃えられないから自分は絵が上達できないとか、絵の活動をすることができないと思ってる人がいるのですが、

そういうことないので、鉛筆だけで十分なんだってことを書いていきます。

 

鉛筆で描くのは基本だし一番コスパがいい

鉛筆が一番安い画材です。

100円ぐらいですからね。あとは紙があれば良いです。

それで十分すごい絵を描くということは出来ます。

 

もちろん、いきなりアナログ画材を買ったり、デジタル環境整えて色を塗っても良いのですが、

それで挫折したら勿体ない事になるので、まずは鉛筆でひたすら描いてみましょう。

クロッキーとかドローイングとか言ったりします。

 

画力の基本的な力を養うには、鉛筆でいかに描けるかがまず重要です。

 

どんな絵も下書きを描く事になります。(上手い人だといきなりペンで一発描きしたりするけど)

下書きに必要なのは鉛筆です。まず鉛筆で描く力がないとどうしようもないのです。

 

デジタルイラストを描くにも、鉛筆で描いた絵をスキャンして色を塗ればいい

 

デジタルイラストを描くのに、鉛筆で描いた絵をスキャンして色ぬりしていくというやり方があります。

今、デジタルで描く環境を作れないくて、いつかデジタルで絵を描きたいとしても、とりあえず鉛筆で線画を描いておけば良いわけですよ。

 

美術の基本のデッサンも鉛筆で描く

 

デッサンとか呼んだりする。鉛筆で描かれたリアルな絵を見たことがあると思いますが、

え?これ鉛筆だけで描いたの!!!!??

って思っちゃったりしたんじゃないでしょうか?知らなければ今知ってビックリしたんじゃないでしょうか?

絵を描く人はああいうことして表現の基礎を育てているわけなのですが、

中には、鉛筆画アートとか言って、鉛筆だけの表現者の人もいます。

 

鉛筆だけですごい絵が描けるわけですね。

別に無理にデッサンしなくていいですが、鉛筆だけでなんでも表現できちゃうってことをまず理解しましょう。

ぶっちゃけ下書きの絵が一番好き

 

これは個人的な好みですが、

でもそう感じる人は結構多いので書いておきます。

僕は完成した絵よりも鉛筆で描かれた下書きが好きです。

ラフとか呼ばれているやつも好きです。

漫画の絵もなんか下書きが好きですね。

アニメの絵とかも鉛筆で描かれた原画が好きです。

絵を描いていると下書きの絵を越えられない、、みたいな感覚を持ったりします。

下書きの持っている生命力には完成した絵は敵わない、、、みたいなのがあったりします。

 

まずはちゃんと色を塗ったりして完成させるのが勿体無いような、魅力的な鉛筆で描いた絵を目指してみても良いかもしれません。

 

おすすめの鉛筆

 

メーカーはなんでも良いですが、

鉛筆の硬さはHBから4Bあたりを使うと良いかと思います。

 

シャーペンはステッドラー使ってますね。

 

鉛筆削り

鉛筆は鉛筆削り機を使っても良いですし

 

カッターやナイフで削っても良いです。

 

鉛筆画の本も結構あります。

 

初心者は絵の具を使ったりやデジタルで絵を描いちゃいけないというわけではありません。

無理にそいういうの揃えなくても、まずは鉛筆で描きまくるだけで良いですよってことですね。

 

おすすめ記事

プロの似顔絵画家の僕が使うアナログ画材と種類(イラストを描く時のメイキングも動画で公開)

2017年8月21日