ハーフっぽいかっこいいおじさんの描き方。阿部寛さんの似顔絵イラスト

 

こんにちは、似顔絵画家の やすし です。

 

今日は外国人やそれっぽい人の顔の描き方について、書いて行こうと思います。

 

意識したことないかもしれませんが。

日本人と外国人の顔って描き分けれますか?

いざ聞かれてもどうしていいのか分かんないんじゃないでしょうか?

 

やっぱアジア系とヨーロッパ系って描き方が変わってきます。

どこをどうすれば外国人ぽくなるのか、

 

日本人なんだけど、外国人ぽい

阿部寛さんを使って解説していきたいと思います。

それと阿部寛さんの描き方➕カッコいい渋いおじさんの顔の描き方も学べちゃうという

一度で、3度美味しい内容となっています。

というか、そういう内容になるといいな、、、、

 

 

 

外国人風な顔の意外な特徴

とりあえず、外国の人って、堀を深く描けばいいんですけど、

かと言ってそうすればいいだけなわけでもないんですよね。

 

一番重要ってわけじゃないのですが、

欧米人の顔って、面白いのが、

けっこう目がロンパってるんですよね

ちなみにロンパるとは

目がロンドンとパリに向いているという意味

目の焦点が外向きになりがちになるということですね。

これは練習の落書き

似てるかどうかはまだアレなんですが、これは練習なんで、

とりあえず、阿部寛さん目がややロンパってるんですよね。

顔の彫りが深いってだけでも十分外国人ぽいんですが、

目がロンパるだけで、日本人離れした感じにはなりますね。

 

かと言って、絶対ロンパらせないといけないわけでもないです。

参考になんとなく描いたイタリア人で説明しますが、

なんとなく描いて見ただけだけど、ロバートデニーロに似てるような、、、

 

なんか、ロンパらした方が、外国の人って感じがしませんかね?

 

阿部寛さんのイラストで解説

 

描いてはみたものの、どう解説していいのかわからないのですが、

線ははっきり描いた方がいいですね。

鼻筋ははっきり描く感じです。

 

外国人ぽくするには、二重の感じが、やっぱ日本人と違いますよね。

すごいはっきりしてるというか、かなり溝が深いので、そういう感じを表現するといいかと思います。

 

外国人はヘルメットをかぶってる!?

外人はなんか骨格が、特徴的です。

上の絵みたいになんかヘルメットをかぶっているような感じをイメージするといいかと思います。

みんなそうじゃないんですけど、

 

まとめ

まとめとしては、

鼻筋とかの線をはっきり描く

骨格を意識して描く

ロンパらせる

 

という感じですね。

 

最後に色を塗ったものを

 

他の作家の「阿部寛さん」の似顔絵をご紹介

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください