絵の初心者にオススメのアナログ画材。コスパの安い手描きのイラストを始めよう!


こんにちは、似顔絵画家の やすし です。

今回は、初心者がアナログイラストを始めるに当たってオススメのものを紹介します。

アナログ画材って、消耗品なのでお金がかかってしまいます。

 

なんか微妙な絵しか描けないのに、お金ばっかりかかるのはちょっと、、、、

というのは、初心者の人が絵を描くのを諦めるハードルになっているかなと思います。

3000円以内の予算で買えるものをまとめました。もっとケチれば2000円以内に済ませられるかと思います。

しかもこれだけを揃えるだけで、しばらくは沢山絵が描けます。

この絵もほとんど安い絵の具で描いてますよ

 

小学校とか中学校の頃の図工の道具が無事に残ってあれば、それで十分だったりするので、

最低限、これだけ揃えて、いっぱい描いて、上達していってから上等な画材で絵を描いていけばいいかなと思います。

ちなみに、鉛筆と消しゴムは持っていると思いますので、ここでは書きません。

 

スケッチブック

画用紙買う必要はないです。

これを使いましょう。

サイズは大きものがいいかと思いますが、お好みで、

安い水彩絵の具

小学生でも使う、桜マットとか、ぺんてる水彩絵の具で十分です。

なんだかんだプロでも使います。

漫画家の松本零士先生が言ってましたが、漫画の場合は印刷の影響でどうせ思ったような色は出ないから、コスパを考えれば安い絵の具で十分であると言っておられたそうです。一応昔の話です。漫画「アオイホノオ」にそう書いてありました。

テクニック次第で十分見栄え良く色は塗れます。

絵が続けられるなら、発色と種類が豊富な「ホルベイン 水彩絵の具」を使い始めても良いでしょう。

 

筆とパレット

百均でも筆って売っています。そういう感じの筆です。

ケチな画家は使っていたりしますので、安いけど、使い勝手がいいです。

 

できればいい筆は一本ぐらい持っていた方がいいです。

理由は安い筆だと、すぐダメになったり、思ったように色が塗れなかったりして気持ち良くないです。

 

パレットはプラスチックの安いものが1っこあればいいですね。

小学校の頃に使っていた筆洗がなければペットボトルに水を入れましょう。

 

 

コピックマルチライナー

アウトラインをしっかりした絵を描きたい場合、「コピックマルチライナー」を使うと良いでしょう。

「コピック」と呼ばれるコミック系イラストを描く人がよく使う画材があるのですが、

いずれ「コピック」を試したくなるかもわかりません。コピックで色を塗ると、ペンによっては滲んでしまうので、「コピック」で色を塗るときは滲まないように「コピックマルチライナー」を使います。

なので、ペンを買う場合は最初から「コピックマルチライナー」を買っておいた方が良いでしょう。

とりあえず0.5ミリのペンを買うと良いです。

 

 

 

おすすめ記事

プロの似顔絵画家の僕が使うアナログ画材と種類(イラストを描く時のメイキングも動画で公開)

2017年8月21日