似顔絵画家が教えるイラストの目の描き方、シンプルに簡単な形で捉えよう

こんにちは 似顔絵画家の やすし です

 

今回は「目」の書き方について書いていきます。

 

人の顔で、一番気になるところって目ですよね。

似顔絵においても、目は結構気を使う部分かなーと

 

目って動く部分ですし、思っていることや、感情が読み取れる部位でもあります。

描く場合もすごく意識してしまうのではないでしょうか?

 

で、初心者の方は

目が上手く描けてないと似ないと思いがちになっちゃいます。

ですが、そういうわけでもないので、あんまり目だけにこだわらない方がいいです。

 

 

目って複雑ですが、これもシンプルに捉えていく訓練をすると、

似顔絵の力がグッとあがります。

色んなバリエーションを描きわけないといけないようで、

別にそこまで、多くはないかなと

ニンテンドーのmiiにあるような目だけで十分です。

 

今回は僕がよく描く感じの目を紹介します。

 

 

実際の目の資料があればいいんですが、

ないので、絵だけで説明します。

 

目のバリエーション

目の印象が薄い人によく使う目ですね。

 

 

バッチリメイクの女性の目によく使います。

女性は目をこういう感じで描くと、喜ぶかな

かといって、アイラインをゴテゴテに書きすぎると、

なんかこえーってなりますね。

 

 

いわゆるつぶらな目の人ですね。

目がちっさい人にも多いです。

ちょっと怖い目の人

暗い印象あるかも

 

 

まとめ

 

書いてはみましたが、

正直難しかったです。

 

ここで紹介してるパーツが、全てを補えるか謎だし

逆に、多く紹介しすぎている可能性もあります。

その時の気分によって、どう描くかって変わってくるんですよね。

 

例えば、黒目がちな人を描く場合、

感じた時の気分によって黒目だけにするか、ちょっと白目を入れるか

変えたりします。

 

 

なんか、すごく記事が書きずらかったかな

ま、とりあえず僕はこんな感じのバリエーションで書いてるかなーと思います。

これらを色々アレンジする感じです。

 

 

そのうちもっといい感じに更新したいと思います。

 

最初にも言いましたが

ニンテンドーのmiiの目のパーツだけで十分なので、

そちらも参考にすることをお勧めします。

 

あと、目ってやっぱ意識しがちになっちゃって、

目が合っていれば似るんだって思う人多いのですが、

そういうわけではないので、勘違いしないようにしてくださいね。

そういうこと言ってる人も信用しないほうがいいです。

 

人は相手に対して、意識を目に向けがちなのですが、

上手な似顔絵は無意識で感じているもの表現するものなので、

とにかく、にない場合は目が問題でない場合が多いです。

 

顔の描き方関連記事

似顔絵画家が教える顔のイラストの描き方と一番大事なコツ。顔の特徴とは何なのかについて

似顔絵画家が教える顔のイラストの輪郭の描き方(男女共通)初心者はまず、図形を意識して描くことを覚えよう

似顔絵画家が教えるイラストの口の描き方。老若男女の種類もざっくりと紹介

似顔絵画家が教えるイラストの鼻の描き方。アウトラインは影が濃い部分

似顔絵画家が教える眉毛のイラストの描き方。毛並みよりも形と大きさの印象をつかもう

似顔絵画家が教える耳のイラストの描き方。耳はちゃんと描くとキモい

似顔絵画家が教えるイラストの髪の毛の描き方。ボリュームの捉え方に注意しよう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください