似顔絵画家が教えるイラストの鼻の描き方。アウトラインは影が濃い部分に線を引く

 

こんにちは似顔絵画家の やすし です。

 

今日は鼻の描き方について書いていきます。

 

鼻は顔の中心部分のなので、輪郭の次に描く事が多いです。

鼻を軸に目とか口を描いていくほうがバランスとりやすいかなと思います。

 

で、鼻の難しさは

高さとかを描き分けるのが難しいですね。

斜めとか横顔とかはやりやすいけど。

真正面だと、初心者にはかなり難しいかと思います。

 

あと、なんか鼻を強調しすぎると

ブサイクな感じになっちゃったりして、

なーんか変に気を使ってしまったりと、なかなか厄介な部分でもあります。

 

今回も、僕がよく描く感じの描き方を紹介いたします。

 

鼻の例

 

だいたいこうかなーと思います。

鼻の厄介なところは、アウトラインがようわからんとこですね。

西洋人だと、堀が深いので、まだ描きやすいのですが、

東洋人となると、どう捉えていいか分からない。

鼻の下は、だいたい影なので、ここはちゃんと形をとって、

あとはなんとなくな感じで描くことが多い

 

花を表現するときは、僕はだいたい下の感じ、

というか、モデルを見たときに、どうするか、なんとなくの気分で

表現してるので、あんまり理屈っぽく説明するのは難しい

 

鼻を描くのが難しければ、

斜め向きで描くほうが、高さを表現しやすいのでやりやすい、

逆に斜めの顔を描くのが難しいかもしれませんが、、、

 

まとめ

 

基本的な理屈みたいなのは頭に入れているのですが、

普段、その時の感じ方で描くことが多いので、

今回も描くのが難しかったですね。

 

見た感じを捉えればいいとしか言いようがないので、

どう説明すればいいんだろうと、

 

とりあえず鼻は、

高い感じと低い感じが描き分けられればいいです。

 

 

鼻って、強調して描くと文句を言われやすい部分なので、

めんどくさいんですよね。

雰囲気で描いちゃう事が多いかな、、

 

 

位置関係あってれば、鼻はそこまで

リアル寄りに描かなくても、似ますので、

描きやすいパターンを見出すことをお勧めいたします。

 

そのうちパワーアップさせて更新していきます。

 

顔の描き方関連記事

似顔絵画家が教える顔のイラストの描き方と一番大事なコツ。顔の特徴とは何なのかについて

似顔絵画家が教える顔のイラストの輪郭の描き方(男女共通)初心者はまず、図形を意識して描くことを覚えよう

似顔絵画家が教えるイラストの目の描き方、シンプルに簡単な形で捉えよう

似顔絵画家が教えるイラストの口の描き方。老若男女の種類もざっくりと紹介

似顔絵画家が教える眉毛のイラストの描き方。毛並みよりも形と大きさの印象をつかもう

似顔絵画家が教える耳のイラストの描き方。耳はちゃんと描くとキモい

似顔絵画家が教えるイラストの髪の毛の描き方。ボリュームの捉え方に注意しよう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください